社食(社員食堂)

-2019.04.26.Fri

お弁当手作り派も嬉しい!会社の設置型惣菜の賢い使い方とは

多忙な会社員の皆さんにとって、会社のランチタイムは心身ともにパワーチャージできる楽しみな時間ではないでしょうか。

会社の友人との情報交換やスマホでの情報収集など、食事を摂りながら過ごすランチタイムは束の間のホッとできるひと時です。

特に「お弁当を手作りする派」の方たちは、会社でのランチタイムにこだわりを持って過ごしているように感じられます。

大切に作られたお弁当の蓋を開けた時に広がる、色とりどりの光景は誰でもワクワクしますよね。

とはいえ、毎日のお弁当作りとなれば様々な悩みがつきもの。

 食事の費用は少しでも節約したい。

 食事を通して健康になりたい。

 出来る限り新鮮な食材を食べたい。

 毎日同じメニューでマンネリ化してきた・・・など。

「もっと毎日の負担が少なく、健康的で美味しいものが食べられる方法はないのだろうか」と、考える方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、お弁当手作り派の会社員の皆さん必見、会社の設置型惣菜サービスの賢い使い方をご紹介します。

設置型惣菜サービスを使い、頑張りすぎずに健康的な食生活を続けていきましょう

 

会社に手作り弁当を持参するメリット

食費の節約

会社へ手作り弁当を持参する大きな理由は、やはり食費が節約できるということではないでしょうか。

新生銀行が2018年6月に発表した「2018年サラリーマンのお小遣い調査」※1によれば、男性会社員の1日の平均昼食代は570円、女性会社員の場合は586円だそうです。

1日あたりで見れば小さな金額だと思っていても、毎日の積み重ねともなれば大きな金額になりますよね。

この部分に目を付け、節約のために一念発起してランチはお弁当手作り派になった、という方も多いのではないでしょうか。

 

また、会社から外に出て食べようとすれば、誘惑もたくさんあります。

レストランに入り、ついメニューで目移りして、予算より少しだけ高いものを注文してしまう。

一緒に行った会社の同僚に合わせてコーヒーを追加で注文してしまう。

コンビニで食事のついでに食後のデザートを購入してしまう。

気づけばお財布の中のお金があっという間になくなっていた・・・というのはよくある話です。

それを防ぐためにも、手作り弁当生活を楽しみながら、賢く節約もできれば嬉しいですよね。

 

献立次第でヘルシーで健康的に

お弁当手作り派のメリットは、自分の身体にあった食事量を準備でき、献立で栄養バランスを整えることによってヘルシーな食事ができるということではないでしょうか。

外食の場合は、女性であっても男性であっても同じ量が提供されるため、人によっては食べすぎてしまうこともあります。

また、お店のメニューを魅力的にするために、必要以上に高脂質・高カロリーなものを提供している場合も少なくありません。

それに比べて手作り弁当を会社に持っていけば、お弁当箱のサイズに入りきる分だけ食べる、ご飯の量を調整する、野菜の割合を増やすなど、本人の意思と献立次第でヘルシーで健康的な食事を摂ることができます。

メタボリックシンドロームが気になるパートナーのために、健康的なお弁当を作っているという話もよく聞きます。

 

ランチ・買いに行く必要がない

多忙な会社員にとっては、ランチを食べに会社外に出ることや、食事を買いに行く時間を節約できることも、手作り弁当の大きなメリットです。

ビルの上層階に勤務であれば、昼休憩の時間帯はエレベーターも混雑しますし、飲食店やコンビニエンスストアのレジ待ち時間も長くなりがちです。

会社にお弁当を持参すれば、待ち時間を無くし、休憩時間をより有効的に使うことができます。

例えば、昼休憩の時間が決まっている場合、食事を摂る以外の時間を、休息や昼寝、インターネットの閲覧、友人との連絡、資格取得のための勉強など、様々な用途に当てられます。

また、業務を継続して行いたいという場合も、手作り弁当が手元にあれば会社内で短時間に食事を済ませて、残りの時間を業務に当てることができます。

比較的静かなランチタイムのオフィスで業務に取り組めば、集中出来て効率が上がり、残業を減らして早く業務を切り上げることが出来るかもしれません。

 

作るのが趣味という人も

お弁当を作ること自体を日々の愉しみにしている人も多くいます。

こだわりの弁当を会社の職場の友人と見せ合ったり、SNSで発信したりと、趣味の一つとして積極的に楽しんでいるようです。

インスタグラムで「#お弁当記録」と検索すると、なんと190万件以上の投稿を見ることができ、お弁当作りへの情熱に圧倒されます。

子供や夫・妻にお弁当を作るついでに自分の分も作り、家族の「美味しかったよ」の声にやりがいを感じている方もいます。

キャラ弁にこだわる方、お弁当箱にこだわる方、食材や栄養バランスにこだわる方・・・こだわりは人それぞれです。

お弁当箱を覗くとその人の個性や生活に対するこだわりが感じられます。

 

手作り弁当派の悩み

やっぱり時間がかかる

これまで見てきたように、とてもメリットの多い手作り弁当ですが、手作り弁当派の話を詳しく聞いていくと意外な悩みが見えてきました。

多かったのは、やっぱりお弁当を作るのに時間がかかるという声でした。

弁当作りと一言で言っても、工程を細かく分けていくと、献立作り・食材の買い物・前日準備・当日の調理・弁当箱に詰める、と多くの手間がかかることがわかります。

お弁当を作るつもりだったのに前日会社からの帰宅が遅くなり、つい寝坊してしまうこともありますよね。

ワーキングマザーになり、朝は朝食の準備に片付け、子供の登園・登校準備やゴミ出しなどで忙しく、時間が足りないので会社へ持っていくお弁当を作ることが出来ない人や、毎日作りたいと思っていても、時間や手間がかかることが負担になり結局外食派に戻ってしまったという人も。

少しでも弁当作りの時間を短縮したい、というのが手作り弁当派の大きな悩みのようです。

 

メニューがだんだん固定化される

手作り弁当派の人でも、毎日のお弁当のメニューに悩まない方はいないのではないでしょうか。

たまには違うものが食べたいと思っていても、買い物に行くとつい使い慣れた食材に手が伸びます。

その結果、頭の中にレシピが完璧に入っているメニュー、簡単に作れる定番メニューの頻度が多くなりがちに。

また、会社へ持っていくとなると、お弁当に入れやすい食材やメニューという点でも、偏りが出てしまいます。

水分が少なく傷みにくいもの、作り置きしておけるもの、硬くならないもの、冷たくても美味しく食べられるものなど、お弁当に入れられる条件は意外と限られています。

どうにかしたいと思っていても、忙しい毎日の中で新しいメニューに挑戦するのは、なかなかハードルが高いものです。

 

ヘルシーな献立はなかなか難しい

実は、ヘルシーと言われる献立の中には、お弁当に入れにくいものが多くあります。

一つ目は、適正な温度管理が必要なものです。

ヘルシーなメニューの代表であるサラダやフルーツは水分を多く含むことから、夏場に長時間持ち運ぶとなると、傷みやすいことが問題となります。

同じくヘルシーな食品である乳製品、竹輪・かまぼこなどの練り物、サラダに混ぜたり添えることも多いマヨネーズなども傷みやすい食品に含まれます。

会社に社員が利用できる冷蔵庫がない場合も、弁当の温度管理が難しく、ランチタイムまで食品が傷まないかが心配です。

 

二つ目は持ち運びが難しいものです。

豆腐など水分の多い食品や、バナナなどつぶれやすい食品は持ち運びに向いておらず、自宅から会社へ持参するには高いハードルがあります。

 

手作り弁当の悩みも解決する設置型惣菜サービス

適量だから付け足しに便利!

お弁当派の節約志向、ヘルシーな食事ができるというメリットを活かしながら、毎日の献立作りの大変さを軽減して、健康的な食事バランスをサポートしてくれるサービスをご存知でしょうか。

それが、会社で新鮮な野菜が食べられることで人気となっている置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」です。

2019年3月現在で1,000社以上の導入実績があり、誰もが知っている人気企業でも数多く導入されています。

導入された会社で働くオフィスワーカーは、職場に設置された冷蔵庫から新鮮な野菜やフルーツを、必要な分だけ手軽に購入することができます。

会社員の利便性を考えて、全てハンディサイズに作られているため、弁当のメニューに付け足す「あと一品」にぴったりです。

野菜・フルーツはもちろんですが、「置き野菜」サービスに含まれるのは野菜だけではありません。

ゆで卵、サラダチキン、豆腐など、しっかりとご飯のおかずになってくれるメニューもあります。

また、お総菜を会社に設置できるプランもあります。

ヘルシーで健康的な献立にできる

厚生労働省「平成29年国民健康・栄養調査」によると、「健康日本21(第二次)」で定められた日本人の野菜摂取量(目標値)は1日あたり350gとなっていますが、野菜摂取量の平均値は男性(20歳以上)で295.4g、女性(20歳以上)では281.9gとなっており、目標数値に大きく届いていません。

日本人は慢性的に野菜・果物の摂取量が不足している可能性があります。

 

献立を工夫してヘルシーなお弁当にしていても、手作り弁当では、メニューが固定化されてしまったり、傷みやすい食材が使えないなどの理由でどうしても必要な栄養素が不足してしまうことがあります。

必要な栄養素を慢性的に摂ることが出来ないと、どうなるでしょうか。

結果的に、体力が落ちてしまう、集中力が下がってしまう、イライラする、疲れやすくなるなど、会社でのパフォーマンスに影響が出てしまうことがわかっています。

パフォーマンスを向上させ、健康でいるためにプラスしたい栄養素として、食物繊維、ビタミン、カルシウム、鉄分などがあります。

これらの栄養素は、野菜や果物、乳製品、卵などに含まれており、積極的にこれらの食品を摂取することが必要です。

会社に設置する置き野菜サービスの「OFFICE DE YASAI」では上記の食品をラインナップに揃えており、手軽に不足しがちな栄養素を補うことができます。

 

一品100円ほどで経済的

野菜や果物は高い、というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

単身生活では野菜を使い切ることが難しいなどの理由から、結局無駄にしてしまい、節約するつもりが高くついてしまったという声も聞かれます。

コンビニでサラダを購入すると、量が多く、価格も数百円となり、毎日会社の弁当にプラスするには少しハードルが高いかもしれません。

置き野菜サービス「OFFICE DE YASAI」では、会社でのランチが手作り弁当派という人にも献立に追加してもらいやすいよう、1個100円からカット野菜・果物・おかずを購入することが出来ます。

そのため、弁当へ「ちょい足し」もお手頃価格で毎日続けられます。

あと一品が思いつかないという時には、メインのおかずと主食を準備していき、会社であと一品を付け足しすれば、いつもと少し違う献立の完成です。

野菜をもう少し摂りたいという時には、新鮮な状態で適温に管理された野菜をもう一品付け足しましょう。

手作り弁当だけでは難しい、ヘルシーな献立に早変わりします。

飲料も、乳製品・大豆製品、フルーツジュース、スムージーなどヘルシーなラインナップが提供されているので、食事で摂りきれない栄養素は間食の際に飲み物から手軽に、会社で補うこともできます。

 

まとめ

会社員にとって、ランチタイムは心身の健康を維持するためにも、仕事のパフォーマンスを高めるためにも大切なパワーチャージの時間です。

ヘルシーな手作り弁当には様々なメリットがある一方、多忙な日々の中で毎日栄養バランスがとれた食事を作る事は難しく、会社へ持ち運べるサラダや果物の種類も限られていて、メニューのマンネリ化が悩みの種でもあります。

そんな健康志向の手作り弁当派の会社員に支持されているのが、置き野菜サービスの「OFFICE DE YASAI」です。

その美味しさはもちろんですが、産直の野菜・果物は保存料を一切使用しておらず、安心して食べられる国産野菜・フルーツを多く取り扱っています。

そのような野菜・果物が、季節に合わせた豊富なラインナップで会社にいながら手軽に購入できるのはとても嬉しいですよね。

手作り弁当派の会社員の方も、頑張りすぎずに楽しく健康的な食生活を続けられる方法の一つとして、導入を検討されてはいかがでしょうか。

 

社員の健康改善につながる新しい社食
>> OFFICE DE YASAI <<


関連記事

LOAD MORE