福利厚生制度

-2019.12.20.Fri

オフィス向け宅配弁当でランチ問題解決!魅力や人気サービスを比較

オフィスワーカーのみなさんは、オフィスでのランチに困った経験はありませんか。

忙しくてランチを買いに行く時間がない、ランチを食べに行っても長蛇の列でゆっくり食べる時間がないなど、ランチに問題を抱えている方は多いのではないのでしょうか。

そのような状況では、食事の栄養バランスまでなかなか気が回らないと思います。

今回は、オフィスワーカーのランチ事情や、オフィスでのランチ問題を解決してくれる宅配弁当についてご紹介したいと思います。

人気の宅配弁当の比較や、宅配弁当と合わせておすすめのサービスについてもご紹介しますので、オフィスでのランチ問題を解決したい方はぜひ参考にしてみてください。

 

オフィスワーカーのランチ事情

オフィスワーカーの方々のランチ事情はどのようなものなのでしょうか。

インターネットリサーチを行っているマクロミルが2018年に調査した「都心で働く男女のランチ事情」によると、20代~50代の働く男女の半数以上が、ランチにかける時間が30分未満であることが分かります。

会社の昼休みは、45分~60分と決まっていることが多いため、食事の時間を30分程度に抑え、残りの時間を有効活用している方が多いのかもしれませんね。

このように、オフィス街で働いている場合、ランチになかなかありつけない「ランチ難民」になってしまうことがあります。

 

【引用】マクロミル 都心で働く男女のランチ事情調査
https://honote.macromill.com/report/20181204/

 

生まれがちな「ランチ難民」

オフィス街では、ランチ難民が生まれやすくなっています

多くの会社では昼休みの時間を12時~13時に設定しているため、オフィス街のコンビニや飲食店は、この時間帯に集中的に混雑してしまいます。

また、オフィスビルの高層化により、オフィス内のエレベーター移動に時間がかかることもランチ難民を生む要因の一つとなっています。

オフィスが高層階にある場合、エレベーター移動に往復20分かかってしまうこともあるようです。

昼休みの時間は限られているのに、移動に時間がかかり、さらに飲食店やコンビニで並ぶとなると、ゆっくり休憩する時間がなくなってしまいますね。

忙しい時ほど栄養補給したいところですが、時間がもったいなくてついランチから足が遠のいてしまいます。

このように、オフィスワーカーは簡単に「ランチ難民」に陥ってしまうのです。

 

健康に気をつけるのは難しい

ゆっくりとランチを食べることが難しいオフィスワーカー。

仕事が忙しいと、パンやおにぎりで簡単に済ませてしまうことも多いのではないでしょうか。

パンやおにぎりであれば短時間で済ませることができますし、片手に持ちながら仕事を進めることもできます。

炭水化物中心の食事は栄養バランスがあまり良くありませんが、金額も安価なため、ついつい手軽なパンやおにぎりで済ませがちになってしまいます。

健康面を考えると、炭水化物だけでなく、タンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランス良く摂る必要があります。

バランスの良い食事とは、主食・主菜・副菜の三品が組合わされている食事です。お米などの主食に、肉や魚、野菜や汁物が添えられている定食屋のランチのイメージですね。

ゆっくりとランチをする時間がないオフィスワーカーにとって、このようなバランスの良い食事をすることは難しいかもしれません

 

社食の設置はハードルが高い

企業がオフィスワーカーの健康を支える手段として、社員食堂(社食)の設置という方法があります。

社食があるとランチ難民になるリスクを減らすことができますし、バランスの良い食事の提供を行うことも可能です。

しかし、社食を設置するためには、厨房設備の購入や食堂スペースの確保など初期コストが数百万円~数千万円かかると言われています

社食の運営が軌道に乗るまでは、社食プロジェクトの責任者の負担も大きいものになりますし、軌道に乗ってからも人件費や光熱費などのランニングコストが発生します。

莫大なコストがかかる社食の設置は企業にとって非常にハードルが高く、なかなか踏み切れないものです。

では、初期コストやランニングコストを抑えながら、社員に健康的な食事を提供するためにはどうすればよいでしょうか。

これからご紹介する宅配弁当を取り入れれば、コストをかけずにオフィスワーカーのランチ問題を解決することができます

 

オフィスのランチを手軽に!宅配弁当の魅力

宅配弁当は、オフィスで手軽にランチができること以外にもたくさんのメリットがあります。

ここでは、宅配弁当の主なメリットを4つご紹介します。

 

オフィスに届くので買いに行く手間いらず

宅配弁当の1番のメリットは、オフィスに直接届くということです。

オフィスの外へ買いに行く必要が無いため、買いに行くための時間や、レストランで並ぶ時間を節約することができます。

オフィスの中ですぐに食べることができるので、忙しいオフィスワーカーも手間がかからず助かりますね

 

多種多様なメニュー

宅配弁当は、現在多くのサービスが提供されています。

和洋中の日替わり弁当から、有名店の豪華なお弁当まで選べる種類も様々です。

商品数や価格の幅が豊富なため、毎日同じ宅配弁当で飽きてしまうということもありません。

多種多様なメニューから選べると、毎日のオフィスでのランチタイムが楽しみになりますね。

 

リーズナブルな価格設定

宅配弁当は、外食と比較して価格設定がリーズナブルです。

500円〜600円台の宅配弁当が多いですが、中には500円でお釣りがくるような価格の宅配弁当もあります。

オフィスでのランチは毎日のことなので、お財布に優しい価格設定は嬉しいですね!

 

導入の費用・管理コストを抑えられる

企業にとっては、社食を導入する場合と比較して導入費用や管理コストを抑えられる点が大きなメリットです。

厨房設備や厨房スタッフを準備する必要がないため、低コストで導入することが可能です。

配達料も無料のことが多いので、ランニングコストもかかりません。

社食を導入したいもののコスト面がハードルになっていた企業は、宅配弁当を検討してみてはいかがでしょうか。

 

人気の宅配弁当サービス5選を比較

社食よりも手軽にオフィスのランチ問題を解決できる宅配弁当。

ここでは、人気の宅配弁当サービス5選を各社のサービス内容を比較しながらご紹介します。導入を検討する際の参考にしてください。

 

シャショクラブ

シャショクラブは、毎日10種類以上の宅配弁当からメニューを選ぶことができます。

毎日10種類から選択できると、自分の好みに合わせた選択ができ、飽きる心配もありませんね。

前日17時までに注文すると(一部エリアは当日9時まで)、翌朝11:45までにオフィスにお弁当を届けてくれます。

注文は1日10食程度から可能です。

また、福利厚生として導入することを前提としたプランがあるため、コストの一部を企業が負担し福利厚生費として計上することを検討している企業にはおすすめです。

弁当価格:福利厚生利用で1食250円~(1食500円程度~)
提供エリア:東京23区の一部
公式サイト:https://shashoku-love.jp/lp/

 

お弁当のはがくれ

お弁当のはがくれは、当日の朝9:30までに注文すればお昼時に届けてくれます。

ルート配送のため細かい時間の指定はできませんが、配達料は無料です。

容器は再利用容器を使用しており、エコなのも嬉しいですね。

栄養士が考えた、健康的な手作り宅配弁当を安価で購入することができます。

弁当価格:日替わり1食450円~
提供エリア:東京23区の一部、千葉県の一部、福岡の都市部、北九州の都市部、久留米地区の一部
公式サイト:http://www.hagakure-b.co.jp/

 

フレッシュランチ39

フレッシュランチ39は、当日の朝9:30までの注文で、当日のお昼時に届けてもらえます。

平日1日平均5食以上(月曜~金曜の合計数が25食以上)で注文が可能で、なんと500食まで当日対応が可能です!

急遽、大人数のお弁当が必要になった場合でも、朝のうちに注文しておけばお昼には届くので安心ですね。

弁当価格:日替わり470円
提供エリア:東京23区の一部、川崎市の一部、横浜市の一部、他神奈川県や千葉県の一部地域
公式サイト:https://www.fl39.com/

 

シャショクル

シャショクルは、オフィスの空きスペースでお弁当を販売する、訪問販売サービスです。

会議テーブル2台分程度のスペースがあれば、導入可能です。

数種類の日替わり弁当から有名店のお弁当まで、幅広いラインナップから選択が可能です。

弁当価格:低価格から有名店のお弁当まで幅広い価格帯
提供エリア:関東・関西中心に順次拡大中
公式サイト:https://shashokuru.com/

 

bento.jp Daily

bento.jp Dailyは、栄養士監修のお肉やお魚、野菜たっぷりの宅配弁当を訪問販売してくれるサービスです。

余分なカロリーや糖質、脂質を抑えてあり、野菜が1食あたり175g以上(1日の必要量の約1/2)含まれているため、このお弁当だけで栄養バランスの良い食事を摂ることができます。

弁当価格:要確認
提供エリア:要確認
公式サイト:https://bento.jp/

 

各社様々なサービスを提供していますので、比較検討しながら、オフィスにぴったりのものを見つけたいですね。

 

弁当にプラス1品!オフィス設置型惣菜も人気

宅配弁当は、ランチを買いに行く手間が省けるためとても便利ですが、毎日宅配弁当を食べていると、「あと一品、野菜料理が欲しいな」「食後にフルーツも楽しみたい」という要望が出てくることもあるかと思います。宅配弁当や手作り弁当にプラス1品したい、そんな要望に応えるサービスがあります!

人気の設置型惣菜「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」についてご紹介していきましょう。

 

新鮮野菜やフルーツが楽しめる「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」

「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」は、新鮮な野菜やフルーツをオフィスで楽しむことができる、置き野菜サービスです。

5年で1,400拠点以上の導入実績(2019年12月時点)がある、今、人気急上昇中のサービスです。

オフィスのニーズに合わせて、「オフィスでやさい」と「オフィスでごはん」の2種類のプランから選択することが可能です。

それぞれのプランの特徴は次の通り。

オフィスでやさい
・社員の購入価格1個100円~
・ハンディサイズで仕事をしながら食べることができる
・カット野菜やフルーツを中心に年間60種類以上の豊富なメニュー
・ヨーグルトやサラダチキン、スムージーなどヘルシースナックも選べる

オフィスでごはん
・社員の購入価格1個100円~
・無添加や国産食材にこだわった健康的なお惣菜
・肉料理や魚料理、副菜、主食など豊富なメニューから選べる

どちらも導入の際に、冷蔵庫もしくは冷凍庫と、電子レンジ、お箸などの消耗品がセットで届けられます。

代金は、専用の電子決済アプリで支払うことができます。

電子決済アプリだと会社での現金管理が不要なので、管理コストがかからず助かりますね。

 

宅配弁当との組み合わせも

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)は、手頃な価格で、欲しいものを1品から購入することができるので、宅配弁当との併用もおすすめです。

また宅配弁当は基本的にお昼に配達されるため、朝や夕方の時間帯は利用できませんが、OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)ならいつでも利用できます。

残業時の小腹が減った時や、早朝出勤時など、時間に縛られることがなく、いつでも好きなタイミングで食べることができるのは嬉しいですね!

いつでも新鮮な野菜やフルーツを食べることができるので、健康にも効果的です。

 

まとめ

ランチを買いに行く手間や外食に並ぶ時間を省ける宅配弁当は、忙しいオフィスワーカーにとって、とても便利なサービスです。

価格も外食などと比較すると安価な場合が多く、お財布にも優しいので社員の家計を助けることにも繋がります。

また、導入する企業にとっても、社食と比較すると導入コストが低く、手軽に導入することができます。

宅配弁当だけでは社員全員のニーズに応えることが難しい場合は、手頃な価格で1品から購入できるOFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)と合わせて導入してみてはいかがでしょうか。

 

健康経営につながる新しい福利厚生
>> OFFICE DE YASAI <<


関連記事