福利厚生制度

-2021.05.28.Fri

社員の野菜不足は福利厚生で解決!おすすめの【設置型社食】を紹介

社員に健康的な生活を送ってほしい、心身ともに充実した状態で最大限のパフォーマンスを発揮してもらいたい、と考える経営者や福利厚生担当者は多いはずです。

しかし実際には、日々の業務に忙殺されてしまい、十分な食事を取るのが難しい社員や、健康に対する関心が低く、栄養バランスの偏った食事スタイルを続けた結果、慢性的な野菜不足に陥っている社員も多いのではないでしょうか。

社員の健康を維持・向上させることは、社員一人ひとりの生産性向上や活気ある職場環境作り、さらには組織全体の業績アップや株価上昇といった目に見える成果に繋がります。

 

では、どのようにすれば社員の野菜不足を解消し、体によい食生活をサポートすることができるのでしょうか。

野菜不足に陥っている社員に対して、金銭的・心理的な負担を感じさせることなく、健康的な食生活の実現を後押しする方法として、社員が気軽かつ平等に利用できる「食の福利厚生」の充実が挙げられます。

今回の記事では、福利厚生によって社員の野菜不足を解消し、健康的な食生活の実現をサポートする方法、そして、社員の野菜不足を解消するのにおすすめなサービスについて紹介していきたいと思います。

 

働く人の野菜不足が深刻に

日本社会全体で野菜不足が叫ばれていますが、多忙な働く世代の野菜不足はさらに深刻な状況にあります。

厚生労働省の「令和元年 国民健康・栄養調査報告」によると、20歳以上の男女の野菜摂取量は平均で280.5gと、一日の目標野菜摂取量350gを大幅に下回っていて、かつ、この野菜摂取量の平均値は過去10年間を見ても大きな変化が見られないと言います。

野菜摂取量の平均値をさらに性別・年齢別に詳しく見てみると、男性で最も野菜摂取量が少なかったのが、20~29歳の233.0g/日で、同じく女性で最も野菜摂取量が少ない年代も20~29歳の212.1g/日と、主に若い世代での野菜不足が目立っているのです。

また、カゴメ株式会社が2016年に全国の20~69歳の男女1,086人を対象に実施した「野菜摂取実態に関する意識調査」によると、野菜をきちんと取れていると考える人は27%に上る一方、一日の野菜摂取目標量350gを実際に摂取できているのはわずか5%という結果が出ています。

野菜を十分に摂取できていると自負している人のうち、95%の人は実際には一日の必要量を摂取できておらず、知らないうちに野菜不足に陥っている、というのが現状なのです。

 

働く人々が野菜不足になる理由

働きざかりの20代を中心に深刻な野菜不足に陥っているという現状がおわかりいただけたかと思います。

では、なぜ働く人々は野菜不足に陥ってしまうのでしょうか?

ここからは働く人々が野菜不足になる理由について見ていくことにしましょう。

 

身近に健康的なランチが売られていない

オフィスに出社する社員の中には、社員食堂や近所の飲食店、もしくはコンビニエンスストアなどで購入したお弁当やインスタント食品で昼食を済ませている人も多いのではないでしょうか。

しかし、多くのレストランやコンビニエンスストア、ファストフード店は、脂っこいメニューや炭水化物過多なメニューが中心であることが多く、ヘルシーな食事を提供する店は選択肢自体が少ないという難点があります。

身近に健康的なランチが食べられる店が少ないために、ついついいつもの店で炭水化物や揚げ物メインのメニューを選んでしまいがちになる、という事情が、社員の野菜不足を引き起こしている理由の一つとして考えられるでしょう。

 

時間と費用の面で避けている

忙しい社員の中には、食事にかける時間を極力短くしたいと考える人もいるでしょう。

コンビニ弁当やファストフード、インスタント食品など手軽に済ませられる食事と比べて、日頃の野菜不足を補えるような栄養バランスの良いメニューは調理や食事そのものに時間がかかってしまうことから、食事にあまり時間をかけたくない社員からは敬遠されてしまうのです。

さらに、栄養バランスを配慮したメニューはどうしても複数のおかずを揃えていたり、調理法や素材にこだわっていたりして、価格も高めに設定されているケースが多いため、食事にあまりお金を使いたくないという社員は、昼食の候補から外してしまう傾向にあると考えられます。

昼食はなるべく短時間で安価に済ませたい、というニーズを持つ社員にとって、日頃の野菜不足を補うことができるようなバランスの良い食事は、時間的にも金銭的にも気軽には手が出しづらい、というのが実状だと言えるでしょう。

 

健康への意識が低い

そもそも健康に対する意識が低い、というのも社員が野菜不足に陥る一つの理由です。

おいしければよい、空腹が満たされればよい、という認識で食事を取っていると、どうしても短時間で食べられるもの、味が濃くすぐに満足感を得られるものばかり食べるようになってしまうでしょう。

野菜不足に陥っている社員の中でも、健康に気を付けよう、健康的な生活を送ろうという意欲に乏しい社員は、野菜不足解消のために自ら野菜を積極的に取り入れようと考えることも少なく、結果的にさらなる野菜不足を引き起こしてしまうという悪循環に陥っていると考えられます。

 

社員の野菜不足を「福利厚生」で解決する!

多忙な毎日の中、積極的に栄養バランスの良い食事を取ることが難しい野菜不足の社員に対して、会社として何かできることはあるのでしょうか。

実は、食に関する福利厚生を取り入れ、サービスを充実させることで社員の野菜不足を解決し、健康的な食生活の実現をサポートする、という方法があるのです。

ここからは、福利厚生によってどのように社員の野菜不足を解決できるのか、なぜ福利厚生として会社が社員の野菜不足の解消や健康的な食生活のサポートに取り組む必要があるのか、詳しく解説していきましょう。

 

おすすめは設置型社食

設置型社食についてご存知でしょうか?

設置型社食とは、社員食堂のような広いスペースや専門の調理スタッフ、大規模な設備投資などが不要で、オフィスの休憩スペースや空きスペースに冷蔵庫などを設置するだけで、気軽に社員へ健康的な食を提供することができる福利厚生サービスのことです。

 

設置型社食の中には、国産の食材や無農薬野菜など素材にこだわった商品や栄養バランスの考えられたメニュー、野菜不足を解消できる商品などをアピールポイントにしているものも多くあります。

社員はわざわざオフィスの外に出て健康的な食事が食べられる飲食店を探さなくても、オフィス内で気軽にランチを楽しみ、野菜不足を解消することができるのです。

また、オフィス内で食事が完結するということは、食事に費やす時間の節約にもなります。

食事に時間が取れないからと、ランチに手軽さだけを求めがちだった社員にも、手軽に野菜不足を解消できるサービスとして受け入れられやすいでしょう。

さらに、福利厚生の一環として設置型社食を導入することで、社員の金銭的な負担が軽減されるため、ランチ代を節約していた社員も利用しやすくなり、野菜不足の解消に自然と取り組めるようになると期待されます。

 

福利厚生としての設置型社食の導入は、社員の野菜不足を解消する最も手軽かつ有効な方法であると言えるのです。

 

「健康経営」に取り組む企業も増えている

健康経営に注目が集まっている現状も、食の福利厚生の充実によって社員の野菜不足解消や健康の維持・向上に前向きに取り組む企業が増えてきている要因の一つに挙げられます。

健康経営とは、経営的な視点から社員の健康に対して投資を行うことです。

社員の活力向上・生産性向上を目指し、結果的に会社全体の業績や株価の上昇、企業イメージの向上も期待できるとして、経済産業省が中心となり推進しています。

実際に、健康経営に積極的に取り組んでいるとして経済産業省から「健康経営銘柄」の選定を受けた企業の株価は優位に推移し、市場から高く評価されています。

 

健康経営における具体的な取組み施策としては、長時間労働の抑制や休暇取得の促進、社員への保健指導の実施や外部サービスと提携しての運動機会の提供など多岐に渡ります。

中でも社食の設置を始めとする食に関する福利厚生の提供は、全ての社員が気軽に利用でき、経営層の健康経営に対する姿勢を実感しやすい施策であるとして、多くの企業に取り入れられているのです。

 

野菜不足を解消するおすすめサービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」

オフィスで野菜

社員の野菜不足を解消し、健康的な食生活の実現、ひいては健康経営の実現をも達成できる「食の福利厚生」。

特に、大規模な社食を設けることが難しい企業にとっては、手軽に導入できる社食サービスである「設置型社食」がおすすめであることは先ほど紹介した通りです。

数ある設置型社食サービスの中でも、気軽に野菜を取ることができ、いつでもオフィスで健康的な食事が楽しめる「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」をご紹介しましょう。

 

・産地直送の安心安全な野菜やフルーツをオフィスにお届け

「OFFICE DE YASAI」がお届けするのは、産地直送の新鮮な国産野菜やフルーツ。

週1回〜の定期的な配達によって常に新鮮な状態が保たれているため、オフィスにいながらにしてフレッシュな野菜やフルーツをいつでも楽しむことができるのです。

さらに、「OFFICE DE YASAI」で取り扱う食材はすべて保存料・合成着色料を一切使っておらず、化学調味料の使用も最小限に抑えられているため、安心して日々の食事に取り入れられます。

健康的かつ安心・安全な食品がいつでも手に取れることで、社員の健康意識は自然と高まり、野菜不足の解消にも繋がることでしょう。

 

・健康的かつ豊富なラインナップ

サラダやカットフルーツといったヘルシーフードから、ボリューミーで食べ応えのある各種総菜、手軽に小腹を満たせるヘルシースナックまで、幅広いラインナップが揃っている点も「OFFICE DE YASAI」の魅力の一つです。

サラダごはんやハンバーグ、ビーフカレーといったボリュームのある総菜と、サラダやフルーツを組み合わせることで野菜不足を補い、バランスの良い食事を実現できます。

また、スムージーやヨーグルト、フルーツジュースなどを間食として取り入れれば野菜不足解消に一層役立てられるでしょう。

その他、サラダチキンや豆腐、半熟スモーク卵など良質なたんぱく質の補給に役立つ商品も多数取り揃えられているなど、野菜不足に悩む社員に限らず、様々な社員の健康ニーズに応えられる点も「OFFICE DE YASAI」を導入するメリットと言えます。

 

・24時間いつでも利用可能

24時間利用可能な設置型社食である「OFFICE DE YASAI」なら、ランチの時間帯だけでなく、早朝や夜、残業時や休憩時間にも簡単に健康的な食事を手に取ることができます

気分転換したいときや、小腹が空いたとき、カジュアルなミーティングの時など、欲しいときにすぐ野菜やフルーツを食べられれば、野菜不足気味の社員もおやつ感覚で野菜を取ることができるでしょう。

 

・設置が簡単で管理も楽

設置型社食の「OFFICE DE YASAI」なら、社食設置のための広いスペースの確保や大規模な工事、設備投資も不要です。

必要なことは、サービス開始日までに「OFFICE DE YASAI」からプランに応じて届けられる冷蔵庫や冷凍庫、電子レンジといった必要備品を設置するだけ。週1回〜デリバリースタッフによる配達、もしくは宅配便で定期的に新鮮な商品が届きます。

デリバリースタッフによる配達であれば陳列や消費期限切れ商品の回収、集金も任せられます。

社員が商品を購入する際は、現金払いのほかに「YASAI PAY」というOFFICE DE YASAI利用者専用の電子決済アプリでの支払いも可能です。「YASAI PAY」を使えば即時決済完了、会社で現金管理する必要もありません。

冷蔵庫1台分のスペースで利用を始められ、面倒な管理業務も不要なのが「OFFICE DE
YASAI」の設置型社食なのです。

 

まとめ

健康経営が叫ばれ、働きやすい職場環境であるかどうかが企業イメージに直接結びつくようになった昨今。野菜不足を始めとする社員の不健康な食生活を改善することは、単に社員の福利厚生という側面だけでなく、今後の経営にも関わる重要な課題となっています。

配置型社食「OFFICE DE YASAI」を食の福利厚生として取り入れることで、慢性的な野菜不足に陥っている社員たちの健康意識の向上や、社員一人ひとりのパフォーマンス改善を実現し、さらには業績アップや会社イメージの向上をも目指していきましょう。

 

コストを抑えて福利厚生を充実!新しいオフィスコンビニ
>> OFFICE DE YASAI <<

関連記事