働き方改革

-2019.10.11.Fri

ワークライフバランス改善のための転職、重視すべきポイントは?

仕事が忙しく、なかなか家族との時間が取れなかったり、十分な休息が取れていない方も多いのではないでしょうか。

働き方改革関連法が2019年4月に施行されたのをきっかけに、ワークライフバランスという言葉も改めて注目されています。

ワークライフバランスを一言で言うと、仕事と生活のバランスの調和がとれている状態を表す言葉です。

ここでは、ワークライフバランスを改善するための転職や、転職する際に重視すべきポイントについてご紹介していきます。

 

ワークライフバランスとは

ワークライフバランスとは、働くすべての方々が仕事によって生きがいや喜びをもたらすと同時に、家事や育児、介護、趣味や学習、休養、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のことです。

なぜいまワークライフバランスが注目されているのでしょうか。

 

ワークライフバランスがいい状態

ワークライフバランスは、仕事と生活の両立を考えてバランスを取ることです。

生活の基盤をしっかりさせ、家族との団欒や自分の趣味の時間を確保すること、本人の置かれた状況に応じて生き方や働き方を選択できることこそが、ワークライフバランスがいい状態と言えるでしょう。

・有給休暇がきちんと取れている
・できるだけ早く仕事を終わらせ、家庭の時間を大切にする
・自分の時間を確保できている

このように仕事と生活の相乗効果がうまくとれている状態がワークライフバランスのいい状態です。

ワークライフバランスは、仕事と生活のどちらかを選ぶわけではなく、個人のライフステージによってバランスよく割合を選ぶことが大切なのです。

ワークライフバランスがいい状態だと、仕事の効率やパフォーマンスが向上し、仕事と生活が相互に良い影響を与えます。

ワークライフバランスを重視している企業では、労働生産性の改善やさまざまな取り組みを行っているため、優秀な人材定着や社員のモチベーション向上につながっており、企業側にとっても非常に重要なことなのです。

 

ワークライフバランスが悪い状態

ワークライフバランスが悪い状態とは、仕事と生活の両立ができなくなる状態です。

具体的な例の一つとして、プライベートを犠牲にして仕事中心になってしまうことです。

連日帰宅時間が遅くなり休日は自宅で寝て過ごしてしまったり、持ち帰りの仕事をして一日が終わってしまう方もいるのではないでしょうか。

残業や休日出勤が重なると、家族団欒の時間が少なくなります。また夫婦の会話が減り、子どもと遊ぶ時間も取れなくなることでしょう。

このような働き方を続けていると、仕事とプライベートの区別がつかなくなり、仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

 

また女性は結婚や出産というタイミングで、ワークライフバランスをとることが難しくなってきます。

地域によっては保育園の入園が難しく復職できないという場合、転職や退職せざるを得ない女性は少なくありません。

また、復職をしたとしても出産前と同じように仕事に復帰することは難しく、仕事を続けられない場合もあり、転職する方もいます。

女性の社会進出が進んでいるにも関わらず、社会経済の構造がまだ対応しきれず、仕事、家事、育児など女性への負担が相変わらず大きいのが実情です。

 

今の職場で改善の見込みがなければ、転職を検討しよう

心身の心労から健康を害した方や、子育てや介護で仕事との両立に悩みを抱えている方は、仕事とプライベートのバランスが取れずにいます。

しかし、昨今さまざまな働き方の選択の幅が広がり、私たちの生き方や価値観も変化しており、ワークライフバランスを重視した転職も可能です。

現状において職場での改善が見込めないようであれば、自分のライフスタイルにあった転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ワークライフバランス改善のための転職

転職するにあたっては、自分のライフワークバランスを意識した転職先を探す必要があります。

・給与収入のアップのため
・スキルアップのため
・責任あるポジションに就くため
・やりたい仕事を見つけるため

一般的には以上のような目的を持って転職先を探していますが、昨今ではここにプラスして、ワークライフバランスの要件を重視した転職希望者が増えています。

 

自分が求める環境を明確にする

ワークライフバランスを意識して転職する際、転職の目的や、自分にとってどのような環境が理想なのかを具体的にイメージし、どんな企業が自分に合うのか明確にしておく必要があります。

・人間関係が良好であり、会社の雰囲気が良いこと
・手当や休暇など福利厚生が充実していること
・労働時間が適切であること
・評価が適正に行われること
・人材育成制度が整っていること

具体的には上記で挙げたような環境が整っていればワークライフバランス改善のための転職がしやすいですね。

転職活動をする前に、自分はどのような環境で働きたいのかをしっかりと明確にしておきましょう。

 

「ワークライフバランス」という言葉に頼りすぎないようにする

ワークライフバランスが叫ばれている昨今、働き方改革を推進するために多くの企業で労働環境を見直す取り組みも始まっています。

長時間労働の解消のため、労働時間を短縮し、余暇を増やすことがワークライフバランスだという意見もあるようです。

労働時間においては法律が定めた一定の基準がありますが、一律に労働時間の短縮だけでは真のワークライフバランスとは言えません。

労働時間が短くなって、家計の所得が減少してしまうと、余暇時間が増加していても消費や投資需要が減るという状況となっては意味がありません。

理想的なワークライフバランスとは人それぞれであり、仕事と生活の最適なバランスを、個々が柔軟に選択できるということに意味があります

また仕事と生活に求めるワークライフバランスは、それぞれのライフステ―ジによって変化していきます。

仕事上の責任も年代によって変化し、子育て期、中高年期といった人生の各段階によって生活スタイルも変化していきます。

自分に合ったワークライフバランスを考え、理想の働き方をイメージした上で転職活動をしましょう。

 

候補企業の実情を十分に調べる

転職するにあたり、重要となってくるのは転職先候補先の企業の下調べをすることです。

まずは自分が転職の際に希望する仕事内容や年収、待遇などの条件面の軸を決めましょう。

その上で、転職候補先の企業のホームページをチェックするとともに、事業内容などをリサーチしておくことが必要です。

ホームページには、企業理念や経営者のあいさつなども掲載されています。そこから経営者のポリシーや企業風土を知ることができるため、転職前にしっかりと調べておきましょう。

販売店などの店舗がある企業であれば、転職する前に実際にお店へ行き雰囲気や対応などを体験してみるのも良いでしょう。

このように、仕事内容や事業内容が自分の求めているイメージと合致してるかどうかを十分に見極めた上で、転職の応募をすることが大切です。

 

採用活動で有利に働く要素とは?

優秀な人材を確保したいのが企業の本音であり、企業側はまずは多くの転職希望者を集める必要があります。

転職希望者にとっても、仕事内容や給与以外にも重要なポイントはいくつかあります。

ワークライフバランスを意識するのであれば、以下の3点を押さえて転職活動を行ってみましょう。

 

勤務時間

働き方改革の具体的な方策の一つに、従業員のワークライフバランスを実現するための、「フレックスタイム制」があります。

フレックスタイム制とは、一定期間の総労働時間の範囲内で、各日の始業時間と終了時間を社員の意思で決めることができる働き方です。

価値観やライフスタイルが多様化する中で、柔軟な労働の仕方を実現するというニーズにこたえる形で設計された制度です。

それぞれの社員の家庭の状況により就業にあたって時間が制限される方は増加傾向にあります。

育児や介護などと両立しながら働きたい方にとってフレックスタイム制は有効な働き方と言えるでしょう。

 

オフィス環境

ワークライフバランス重きを置いた場合、オフィス環境も転職する上で、重要なファクターの一つとなっています。

昨今テレワークを活用し、柔軟な働き方ができる企業が増えてきています。

テレワークとはICT(情報通信技術)を活用し、オフィスとは別の場所で、時間や場所にとらわれず仕事をすることができる働き方です。

テレワークは、妊娠や子育て、介護、身体障害、または怪我をしたなどにより、オフィスまで通勤ができない状況であっても、在宅勤務などで働くことができます。

また企業側もこのような働き方に取り組むことで、優秀な人材と労働力を確保することができるのです。

 

福利厚生

企業側は、人材の確保や、従業員の満足度や労働意欲を高めるためにもさまざまな福利厚生サービスを導入しています。

レジャーや余暇の充実、そして介護や育児のための助けになる福利厚生サービスが昨今求められており、転職を検討する際にも、企業を選ぶ選択肢の一つとして大きく影響しています。

 

社員の健康促進ができる福利厚生「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」

健康経営や働き方に対する取り組みが評価される時代になってきており、健康経営に力を入れる企業も多くなってきています。

社員の健康促進ができる福利厚生の1つとして注目されているのが食の福利厚生です。そこでおすすめするのが「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」です

 

人気の高い食の福利厚生は採用活動にもメリット

福利厚生は近年重要度が高まっており、就職活動や転職で福利厚生が決め手になるケースも少なくありません。

「OFFICE DE YASAI」は、全国各地から厳選された野菜や果物をオフィスに直接届けてくれるサービスです。

「OFFICE DE YASAI」は導入までのフローがシンプルで始めやすく、導入後もメンテンスの手間はなく、サポートもしっかりとしていますので企業側の負担は少なく済みます。

社員は手頃な価格で、オフィスに設置された冷蔵庫(冷凍庫)から野菜や果物、惣菜をいつでも自由な時間に選んで、その場で購入することができます

普段偏った食生活を送っている社員にとって、健康的な食事をオフィス内でとることができるので、実践的で続けやすいというメリットがあります。

食の福利厚生は、実際に補助をしてもらっているという実感が社員にとっても湧きやすく、喜ばれる福利厚生サービスです。

また、従業員のコンディションに気遣う会社としてイメージアップにもつながり、転職の際にもポイントとなり、人材採用に効果を発揮することが期待されます。

 

様々なライフスタイルに柔軟に対応できる

ワークライフバランスを改善するための企業の取組として、勤務体制の見直しを前述しました。

今まで社員の多くが同じ時間に出退勤するというのが主流でしたが、昨今では個人のライフスタイルに合わせて働けるようになりました。

また福利厚生の一つとして「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」のサービスがあれば、そのような勤務体制の社員にも対応することができ、朝食としての利用、ランチのデザートとしての利用など、さまざまな使い方ができます。

このように、多様なライフスタイルの確立が求められる現代社会においては、「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」のようなサービスは重宝され、転職を考える際の決め手の一つになるでしょう。

 

まとめ

現代社会では、多くの社員が長時間労働や厳しい労働環境の中で働いており、ワークライフバランスの改善は早急に取り組んでいくべき課題の一つであると考えられます。

皆さんが勤務されている企業では、どれぐらいワークライフバランスを意識した働き方の改革が進められているのでしょうか。

もし、何かしらの取組をされていないというような企業であれば、「転職」というのも視野に入れて自らの働き方改革をしていくことをおすすめします。

転職をお考えの方は、業務内容だけでなく、企業の福利厚生がどれだけ充実した環境であるのかというのも転職の際に検討する価値があるかもしれません。

今回紹介した「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」のような食の福利厚生サービスが充実した企業がこれから増加していくことを期待しています。

関連記事

LOAD MORE