福利厚生制度

-2019.09.17.Tue

福利厚生で人気急上昇中!オフィスコンビニ各社を徹底比較!

オフィスの休憩室などで軽食やドリンクが入った小さな冷蔵庫やたくさんの種類の食品を販売している自動販売機を見かけたことはありませんか?

これは、オフィス内で気軽に利用できることから人気となっている「オフィスコンビニ」と呼ばれるものです。

近年、福利厚生の一環としてオフィスコンビニを導入する企業が増えてきています。

オフィスコンビニは、自動販売機形式や、冷蔵庫を設置するものなど様々なサービス内容のものがあります。

福利厚生サービスとして注目されているオフィスコンビニの人気の理由やサービスの選び方、各オフィスコンビニの特徴を比較してご紹介していきます。

 

『オフィスコンビニ』とは?

オフィスコンビニとは、軽食やドリンク、スナックをオフィスの一画に置き、社員が自由に買うことができるサービスです。

『オフィスコンビニ』という名前ですが、中には野菜や果物中心の美味しいお惣菜や、一部サービスでは日用品にいたるまで、さまざまな種類を提供しています。

オフィスにいながらいつでも自由に購入することができるので、忙しく仕事し外出ができない場合でも、買いに行く手間がかからず便利なサービスといえるでしょう。

では、オフィスコンビニはどのようなサービスで、そしてどのような仕組みになっているか、ご紹介していきます。

 

オフィス内に無人販売スペースを設ける

オフィスの空いているスペースに冷蔵庫や自動販売機、棚などを設置し、そこから社員は好きな商品を購入するという仕組みになっています

ほとんどのサービスで冷蔵庫や自動販売機の設置は無料であり、一般的なものと比較すると、消費電力が低い機種が使用されるので電気代が安くすむのも特徴です。

 

時間を問わず利用可能

24時間、自由に利用できるのが、オフィスコンビニの良いところです。

無人のため、閉める必要もありません。朝早くても、残業をして深夜になってしまっても利用できるので、忙しい方にはピッタリです。

 

商品の補充・メンテナンスの手間なし

ほとんどのオフィスコンビニでは、スタッフが週に1回程度商品を補充してくれます。

冷蔵庫や自動販売機のメンテナンスも全て行ってくれるので、自社で行う必要はありません。

 

お菓子・ドリンク・文具まで多種多様

コンビニという名前がついているので、商品が豊富です。ドリンク、軽食、インスタント食品、スナック菓子や日用品、文房具などその種類もさまざまです。

オフィスコンビニの中には、新鮮な野菜や、美味しいお惣菜、新鮮なフルーツなど比較的健康的な食事を扱っているものもあります。

 

補充内容はカスタマイズできる

オフィスコンビニの中には自社にあった商品のラインナップを提案してくれるサービスもあります。

導入後に商品ごとの売れ行きを調査し、カスタマイズすることで、より社員満足度は高まるでしょう。

比較検討する際にカスタマイズの可否を見て検討するのもおすすめです。

 

現金やキャッシュレスで支払い

多くのオフィスコンビニでは、設置されているボックスに現金を入れる仕組みになっています。

お釣りのないようにいれなければならないことや、多少の誤差が生じてしまうこともあるかもしれません。

しかし最近では、クレジットカードや交通系ICカードによるキャッシュレス決済も可能なオフィスコンビニも増えてきています

現金の管理をする必要がないため、手間もかからず、手軽に購入できるのが魅力といえるでしょう。

 

オフィスコンビニの比較ポイント

社食と比較すると手軽に取り入れられる点が特徴ですが、では実際に導入を検討する場合には、どのような点を比較すべきなのでしょうか。

ポイントは大きく6つあります。

・商品ラインナップ
・商品価格
・導入・維持の費用
・支払方法
・実績や評判
・利用可能エリア

それぞれ具体的に何を見るべきか、詳しくご説明していきましょう。

 

商品ラインナップで比較する

それぞれのオフィスコンビニによって、商品のラインナップが異なります。

ドリンクや軽食類を得意としていたり、健康的なメニューのお惣菜、新鮮なサラダ類、お菓子類が得意というように、オフィスコンビニにはそれぞれ特徴があるのです。

自社のニーズにあったオフィスコンビニはどれなのか、比較・検討して導入を決めるとよいでしょう

 

商品価格で比較する

お菓子や惣菜、ドリンクなどは1品50円や100円などの価格設定が主流です。

お弁当の場合は1食500円~が一般的な価格帯となります。

安価なものが良いとは限りませんが、福利厚生として導入する場合には、商品価格の一部を企業が負担する形も可能なので、企業の実状に応じて価格を比較し選択するという方法もおすすめです。

 

導入・維持にかかる費用で比較する

比較的安価に導入ができるオフィスコンビニですが、実際の導入コストや維持コストはサービスによって差があります。

オフィスコンビニによっては、導入費用はかからないものの月額料金が3万円~4万円程度かかるもの、初期費用はかからないものの企業側で電子レンジの購入が必要なもの、初期費用が20万円~30万円かかるオフィスコンビニもあります。

導入や維持の費用は、キャンペーン価格での提供や無料トライアルを実施している場合もありますので、くまなくチェックしたうえで比較してみると良いでしょう。

 

使える支払い方法で比較する

オフィスコンビニの支払方法は、現金、クレジットカード、電子マネーなどがあります。

現金タイプは集金箱を設置することになりますが、現金の管理を誰がどのようにするのか、過不足が出た場合はどうするのかなど、キャッシュレスの支払方法と比較して、管理の手間がかかります。

比較的社員の人数が多い場合や、現金管理に手間をかけられない場合は、クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレス決済が利用できるオフィスコンビニがおすすめです。

 

利用企業の実績、評判で比較する

多くのオフィスコンビニが、ウェブサイトにて導入実績数や導入企業の声を公開しています。

導入企業の規模(人数)や業種を公開している場合もありますので、自社に近い企業は導入しているのか、導入後にはどのような反響があったのかを比較することが可能です。

実績や評判は大きな比較材料となるため、ウェブサイトで公開されていない場合には、メールや電話で問い合わせてみても良いでしょう。

 

利用可能エリアで比較する

オフィスコンビニでは、商品を配達できるエリアが限定されている場合も少なくありません

全国配達可能な場合から、東京23区のみ限定など比較すると様々です。

福利厚生として導入する場合は、どの社員も利用可能な状態であることが必要ですので、オフィスが複数のエリアにまたがっている場合は、利用可能エリアをよく確認しておくと良いでしょう。

オフィスがエリア外の場合でも、サービスによっては対応可能な場合もありますので、まずは問い合わせなどで確認してみることをおすすめします。

 

設置スペースのチェック

オフィスコンビニを導入する際、ある程度のスペースは確保しなければなりません。

それぞれのオフィスコンビニの公式サイトに必要な設置スペースが記載されているので、比較するとよいでしょう

電源も必要となりますので、社内で設置する場所を検討してからサービスを比較するのがおすすめです。

 

人気オフィスコンビニ6つ比較!

こちらでは、人気のオフィスコンビニ6つを比較しながらご紹介します。

「提供価格」「メニュー例」「支払方法」「特徴」を比較してご紹介しますので、サービス内容を検討する際の参考にしてみてください。

では、実際にみていきましょう。

 

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)はオフィスで気軽に健康的な野菜やフルーツ、お惣菜を食べることができるオフィスコンビニです。

サービス名から、健康志向な内容が期待できますね!

 

公式サイト:https://www.officedeyasai.jp/

提供価格:1個100円~

メニュー例:国産のざく切り野菜やカットフルーツ、サラダチキンやお豆腐などのヘルシースナック、ご飯やお惣菜、スムージーなど

支払方法:専用の電子決済アプリ

特徴:幅広いメニューで社員の健康をサポートできる

 

冷蔵庫の設置スペースがあれば導入可能で、冷蔵庫や備品さえ設置すれば、商品は専門スタッフが宅配してくれるので気軽に導入することができます(お惣菜を利用する場合は、電子レンジの準備が必要です)。

お惣菜だけでなく、生鮮品も届く冷蔵プラン「オフィスでやさい」コースと、無添加のお惣菜が選べる冷凍プラン「オフィスでごはん」コースの2つから会社に合ったコースを選べます。

「オフィスでやさい」コースでは、保存料を一切使用していない産地直送の野菜やフルーツが届けられるので安心して食べることができます。

年間60種類以上と豊富なラインナップで、季節に合わせて商品が入れ替わっていくため選ぶ楽しみもありますね。

「オフィスでごはん」では、国産食材にこだわり、余分な塩分や糖分を使っていない無添加の健康的なお惣菜を食べることができます。

どれを食べても健康的なので、社員の健康サポートを期待できるオフィスコンビニです。

社員が気軽に健康的な食事を摂ることができ、食事から社員の健康をサポートできます。

取り扱い商品がヘルシースナックから野菜やフルーツ、お惣菜と幅広いので、社員の多様なニーズに応えることができるうえ、健康をサポートできるので社員からも喜ばれそうですね!

 

オフィスおかん

オフィスでおかんは、健康的でおいしいお惣菜を冷蔵庫に常備できるオフィスコンビニです。

 

公式サイト:https://office.okan.jp/

提供価格:1個100円~

メニュー例:豚の角煮、ぶり大根、牛蒡とひじきのサラダ、さばの煮つけなど

支払方法:現金、IC決済(交通系マネー、楽天、iD、QUICPay、WAON、nanacoなど)

特徴:健康的で美味しい栄養士監修のメニュー

 

電子レンジを会社で準備すれば、気軽に導入することができます。

専用の冷蔵庫が届けられ、惣菜や資材の管理は配達員にお任せで導入することができます。

メニューは毎月約20種類から選べます。

管理栄養士が監修した健康的で美味しいお惣菜を食べることができるのがうれしいですね。

国産原料を優先的に使用し、保存料や合成着色料不使用なので安心して食べることができます。

ドリンクや軽食は別のサービスを導入済みという場合でも、しっかりとしたお惣菜を準備することができます。気軽に食事の提供をスタートできるのが良いですね。

 

おふぃすこんびに

他のサービスと比較して、圧倒的な品数が準備でき、その名の通りオフィスに小さなコンビニが設置できるサービスです。

 

公式サイト:https://www.office-conveni.com/

提供価格:ミネラルウォーター1本50円~、ジュースコーヒー60円~

メニュー例:ドリンク、お菓子、カップ麺など

支払方法:現金

特徴:レギュラー商品100種類、季節商品やキャンペーン商品を含めると300種類と商品数が多い

 

初期費用や月額使用料が無料で、必要なのは冷蔵庫の電気代のみなので、とても手軽に導入できる点が特徴です。

商品は、専用スタッフが補充や入れ替えをしてくれ代金回収も代行してくれます。

ドリンクや軽食が中心なので、打ち合わせ場所や会議室への設置がおすすめです。

カップ麺など軽食もあるので災害時の備蓄としても使えますね。

 

オフィスグリコ

オフィスのお菓子といえば、オフィスグリコを思いつく方も多いのではないでしょうか。

 

公式サイト:https://www.glico.com/jp/enjoy/service/officeglico/

提供価格:1個100円

メニュー例:お菓子、アイス、ドリンク

支払方法:現金

特徴:グリコのお菓子などが100円で購入できる

 

設置は無料で、専門スタッフが商品補充や賞味期限管理、代金回収を行います。

コンビニなどの店頭価格と比較すると、安価でお菓子の購入をすることができます。

ちょっとしたお菓子やドリンクがあれば、休憩中のコミュニケーションの活性化も期待できますね。

 

セブン自販機

セブンイレブンの商品を自動販売機方式で購入できるのが、こちらのオフィスコンビニです。

 

公式サイト:https://www.sej.co.jp/sej_case/jihanki/index.html

提供価格:店頭販売価格と同程度(10円単位のため、端数切り上げ)

メニュー例:おにぎり、パンなど

支払方法:現金

特徴:セブンイレブンの商品が自販機で購入できる

 

賞味期限が切れると自動的に販売を停止する機能があり、衛生面の管理が不要です。

販売状況を分析して立地や売れ筋に応じた品揃え、最大73アイテムが販売されます。

保守メンテナンスはセブンイレブンにお任せで大丈夫です。

0.5畳あれば、自動販売機の設置が可能ですが、自販機の設置には100V15Aのコンセントが必要となるため、設置場所の環境によっては電気工事が必要です。

近くにコンビニがないオフィスの場合、セブンイレブンと同じ商品を購入できるというのは便利ですね。

 

オフィスファミマ

名前の通り、ファミリーマートのオフィスコンビニです。

 

公式サイト:https://www.family.co.jp/company/officefamima.html

提供価格:店頭販売価格と同程度

メニュー例:カップ麺から日用品にいたるまで

支払い方法:現金

特徴:定番の商品から新商品までたくさんの種類の中から選択可能

 

50人以上の学校やオフィスなどに設置が可能です。

専用の商品ケースを設置するだけなので、電気代もかからず、段ボール1箱分くらいのスペースがあれば導入できます。

担当者が週に1回程度訪問し、商品の補充やメンテナンスをしてくれ、365日受付可能なコールセンターも完備しているので、万一トラブルが起きても安心です。

 

オフィスコンビニが人気の理由とは?

オフィスコンビニが人気になっている背景には、導入の時にかかるコスト以外にもさまざまな理由があります。

どのような理由があるのか比較して見ていきましょう。

 

社員の食事・間食の補助ができる

昼食時にコンビニやランチに行く場合と、オフィスコンビニを理由する場合を比較すると、オフィスコンビニを利用したほうがランチ代の節約になります。

日々のランチ代が節約出来れば、節約出来た分をプライベートに使えるため、社員の満足度アップにも繋がります。

 

休憩時間に手軽に利用でき、生産性の向上

休憩時にコーヒーが飲みたくなった時、外出するのが手間だと感じることもあるでしょう。

天候が悪い時、買いに行く時間もない時は、オフィスの中にあるオフィスコンビニが重宝されます。

忙しく作業をしている時、外出せずにすぐ購入でき、時間も短縮出来ると仕事の生産性も下がらずに済むのです

外出と比較して手間がかからないオフィスコンビニは忙しく働く社員の味方になります。

 

社員の健康をサポートできる

手作りのお弁当を持参する人と比較してパンやおにぎりなどで昼食をすませてしまう社員が多いと、健康面も気になります。

偏った食生活ですと身体も疲れやすくなるでしょう。

商品のラインナップにもよりますが、「オフィスで野菜」のような新鮮な野菜を使ったサラダやフルーツを中心としたオフィスコンビニの方が社員の健康をサポートできます。

社員の健康状態が良くなると、身体も疲れにくくなり、体調不良による欠勤や早退も減り仕事のパフォーマンス向上につながるでしょう

 

企業のイメージアップにつながる

オフィスコンビニは、食事の福利厚生として導入することができ、食事補助は他と比較しても人気のある福利厚生です。

社員食堂有りや、オフィスコンビニ設置など記載してあれば、社員を大切にしてくれるというイメージアップにも繋がります。

アピールポイントがあれば優秀な人材が集まりやすくなるという効果も期待できるでしょう。

 

災害時の備蓄になる

オフィスコンビニは、毎日のランチや休憩のときに利用する以外にも、災害時の備蓄としても大活躍します

オフィスコンビニによっては、比較的賞味期限が長い物もあるので安心して利用ができるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今人気のオフィスコンビニの概要やメリット、オフィスコンビニの選び方について比較しながらご紹介しました。

オフィスコンビニは、外食などと比べ比較的安価で便利なサービスです。

健康的な食事を提供するオフィスコンビニを導入することで、社員の健康をサポートすることもできます。

各オフィスコンビニのサービス内容や特徴を比較したうえで、自社に合ったオフィスコンビニを導入してみてはいかがでしょうか。

 

社員の健康改善につながる新しい福利厚生
>> OFFICE DE YASAI <<


関連記事