総務向けお役立ち情報

-2021.09.30.Thu

人手不足を解消するために必要な対策とは?福利厚生で魅力ある職場づくりを

労働可能な人口は年々減少傾向にあり、人口減少による人手不足は企業の経営に大きな影響を与えると言われています。

企業が悩む人手不足を解消し、離職率の低下、優秀な人材を雇用するための対策として魅力ある職場づくりが重要です。今回の記事では、人手不足を解消するための対策についてご紹介します。

国内の人手不足が深刻化

総務省が発表している国勢調査の国内における2012年1月の「日本の将来推計人口」は減少を辿っています。

生産年齢人口は1995年を、総人口は2008年をピークに減少し、2015年の年齢不名を含む総人口は1億2,709万人、生産年齢人口(15から64歳)は7,629万人です。

14歳以下の人口の推移は1982年から連続して減少し、少子化へと進んでいます。

国内の労働力人口の推移は2020年をピークとして年々減少し、2030年になると減少が止まらなくなっていくと言われているそうです。

このように、国内の人手不足が深刻化しています。

参考:データ主導経済と社会変革

特に中小企業は大きな影響を受けている

全国の中小企業が特に「人手不足」という大きな問題を抱えていることはご存知でしょうか。

人手不足が原因で倒産した企業は2017年に114社、2018年に169社と帝国データバンクの調べでわかっています。

前年比増48.2%と言うデータからわかるように、国内の人手不足はとても深刻な問題です。

人手不足が深刻となっている業種は?

中小企業が人手不足と言っても、業種によって深刻さは異なります。

人手不足が深刻となっている業種は「建設業」で、次に「サービス業」の人材不足が進んでいます。

そして医療・福祉業界、卸売・小売業の人材不足は感染症の影響を受けて、ますます深刻化している状況です。

医療・福祉やサービス関係の職種は少子高齢化やサービス産業の進展とは反比例して、人手不足が深刻になっていくため、対策が必要でしょう。

人手不足の解消に向けた対策とは?

中小企業の人手不足は深刻な問題ですが、対策をすることで解消に導くことができます。

どのような対策をすれば人材不足を解消できるのか、6つの対策方法をご紹介していきましょう。

従業員の待遇改善

1つ目の人手不足の対策として、従業員の待遇改善です。従業員がこの企業でずっと働いていたいと思うような待遇を用意することはとても大切な対策です。

すでに働いている従業員に対してはもちろん、これから採用する求職者に対しても魅力的だと思ってもらえる待遇を準備する必要があります。

雇用される人が特に重要視する待遇は、お給料、ボーナスがあるか、有給は取りやすい環境であるか、また年間休日が多いかが挙げられるでしょう。

これらの待遇は生活に直結するので、従業員が働き続けたいと思うかどうかのモチベーションにもなります。

客観的に見て、魅力的な待遇であるかどうか確認し対策をしましょう。

働きやすい環境づくり

2つ目の人手不足の対策として、働きやすい環境づくりを行いましょう。

たとえ待遇が良かったとしても、働きやすい環境でなければ従業員は定着せず人手不足を改善することは難しいと言えます。

長く勤めるためにより良い人間関係の構築できる環境や、働きやすい社風が大切です。

そして適正な労働時間が従業員のパフォーマンスや公私の充実を向上させるので、労働時間が適正であるかどうか確認しましょう。

また、正当な評価制度は従業員のモチベーションを保ち、優秀な従業員を雇用し続けるためはとても大切です。従業員に働きやすい環境だと思ってもらえなければ、離職率の増加につながるでしょう。

離職率の多い職場という評判が拡がることで、良い人材を雇用するためのチャンスを逃してしまう可能性もあります。

多様な人材の採用を進める

誰もが職業を通じた社会参加ができる「共生社会」実現の理念のもと、従業員43.5人以上に対し、2.3%の障害者の法定雇用率があります。

障害者を雇用していない場合、罰金が課せられる場合もあるので気をつけましょう。

また、外国人労働者の雇用推進も必要です。外国人労働者を雇用することで、自社のグローバル化を推進できます。このように多様な人材を採用していくことで、人手不足の対策となるでしょう。

業務プロセスの改善

企業にはさまざまな部署があり、連携して仕事をしています。

しかし、そのプロセスがうまくいかないことで仕事がスムーズにすすまず、結果離職率の増加に繋がってしまう可能性もあります。

離職により人手不足に陥ってしまうことを対策するためにも、業務プロセスを改善し働きやすい職場環境を作っていきましょう。

ITを活用した業務効率化

業務効率化ができれば、生産性がアップし企業の売上が上がるかもしれません。

業務効率化を行うためには、自社の業務に合ったシステムの導入が必要です。

例えば、カスタマーサービスのためのシステム、会計ソフトといったものを導入すれば業務を効率化でき、人手不足の対策となるでしょう。

アウトソーシングの活用

人手不足が問題視される今、自社の従業員だけで全てをまかなうことは難しいです。

アウトソーシングはコストがかかるので、従業員の数を増やしたほうが良いと考える場合もあります。

しかし専門的な知識が必要な作業を行いたい場合、新しく雇用した従業員が成長するまでの時間を天秤にかけると、アウトソーシングを活用するほうがコストが抑えられる可能性があります。

また、新しい業務が増えるたびに従業員を雇用するというわけにもいきません。アウトソーシングを活用すれば必要な業務だけ委託できるので、人手不足の企業にとっては良い対策と言えるでしょう。

魅力ある職場づくりを「福利厚生」から始めてみませんか?

自社の福利厚生にどのようなものがあるのか、それはどのくらいの利用率なのかご存知でしょうか。

今ある福利厚生の利用率が低い場合、それをより良く改善することでいくつものメリットが生まれます。

その結果、企業が人手不足にならないための対策になると言えるでしょう。

福利厚生の充実は、離職率の低下をはじめ、従業員のパフォーマンスアップや会社への愛着アップ、求職者が企業を選ぶ際のポイントにもなります

魅力ある職場づくりは、「福利厚生の充実」がポイントになること間違いありません。

福利厚生を充実させて、人手不足の対策を行いましょう。

食事関連の福利厚生は人気が高い

食事関連の福利厚生はとくに人気があります。しかし、社員食堂の設営はコストが大きくかかるため、規模の大きい企業でないと難しく断念するしかありません。

中小企業で人気のある福利厚生の「社食サービス」は、社員食堂ほど大掛かりではなく従業員にお昼ご飯や軽食を安価で提供できます。

例えばオフィスまでランチの時間にお弁当を届けてくれる宅配サービスや、冷凍したお弁当を何日か分まとめて届けてくれて社内に設置した冷凍庫で保管ができるといったものです。

他にもコンビニ型と言われ、軽食やジュース、お菓子などを会社に設置した冷蔵庫や商品棚に補充してくれるサービスもあります。

トライアル期間を設けている社食サービスもあるので、試しに導入してみても良いでしょう。人気のある食事関連の福利厚生サービスを取り入れることで、人手不足の対策として見込めます。

手軽に導入できる社食サービス「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」

社食サービスの福利厚生の中で、手軽に導入できる「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」をご紹介します。

OFFICE DE YASAIは従業員が導入して欲しい食の福利厚生No.1と言われる設置型の社食サービスです。

設置型とは社内に冷蔵庫や冷凍庫を設置し、そこに商品が補充されていくタイプのことをいいます。

OFFICE DE YASAIのサービスは「オフィスでやさい」「オフィスでごはん」「オフィスでやさい forリモート」の3プランです。

「オフィスでやさい」プランはフレッシュなサラダ、フルーツ、健康を考えた無添加のお惣菜もあり、年間60種類以上の商品が豊富に取り揃えられています。

従業員が支払う金額は一商品100円(税込)からと購入しやすい価格なのも嬉しいポインです。

ランチとしてだけではなく、朝食や小腹が空いた時の軽食として利用ができる商品のラインナップも魅了と言えます。

「オフィスでごはん」は健康的なお惣菜を冷凍食品にして届けてくれ、産地にこだわった食品を使い、無添加での調理も嬉しいです。

こちらの価格も一商品100円(税込)からとなっています。オムレツ、グラタン、ハンバーグといった人気のあるメニューも嬉しいです。

「オフィスでやさい forリモート」は働き方が変わってきた昨今、新しく作られたプランで、従業員の自宅へフレッシュな野菜、スムージーや健康的なお惣菜が届きます。

社食サービスを導入していれば、従業員の健康を考えている企業というイメージが付き、離職率が下がるだけでなく、求職者へ良い印象を与えることができます。

働いている従業員にとっては、会社にいながら健康的な食事ができることは大きなメリットです。

また、OFFICE DE YASAIが導入された企業では、従業員同士で何が美味しかったという話題や、一緒に食事をとることでコミュニケーションの活性化に繋がったという事例があります。

福利厚生を充実させるための社食サービスで健康経営を意識している企業であることをアピールでき、従業員に活気が生まれたら離職率低下や採用率アップに繋がるでしょう。

それは結果、人手不足が解消されるための対策となります。

まとめ

国内の人手不足が深刻化する中、従業員が働きやすい環境を作ることがとても大切であることはご理解いただけたと思います。

人手不足の対策のために行う福利厚生の充実は、導入しやすい社食サービスを利用して魅力的ある職場づくりをしていきましょう。

まずは無料試食ができる「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事