社食(社員食堂)

-2019.04.26.Fri

社員の生産性も上がる!進化したオフィス設置型ミニコンビニがすごい

オフィスワーカーの方々は、オフィスでどのように自身の身体を気遣っていますか?オフィスワーカーにとって、一日の中でオフィスで過ごす時間というものは案外長いものです。時間に追われて働く中で、ランチは近くのコンビニごはんが定番。オフィスにいると、時にはランチの時間が取れない…。なんてこともあるのではないでしょうか。

外食が続いたり、毎日コンビニで同じようなものを食べていれば、栄養も偏ります。

仕事の生産性を上げる為にも、一日を元気に過ごすためにも、オフィスでのバランスの良い食事がとても重要になってきます。

効率的で柔軟な働き方が求められる現在、「健康経営」として従業員を「食」から支える取り組みが様々な企業で進められてきています。

その中で広がる福利厚生サービスの一つにオフィス設置型ミニコンビニがあります。

 

オフィス設置型ミニコンビニがもたらす効果

オフィス内にミニコンビニを設置すると言っても、店舗を導入するような大掛かりなものではありません。仕組みはとてもシンプルで、自販機や冷蔵庫、棚や箱をオフィス内にミニコンビニを設置し、従業員がセルフで商品を購入する、というものです。

現在では、大手コンビニチェーンなど様々な企業から、オフィス設置型ミニコンビニのサービスが出てきています。そのミニコンビニがもたらす様々な効果を期待して、注目度も上昇中です。

お弁当、軽食、デザート、日用品と幅広いラインナップで、コンビニのように24時間年中無休で利用可能なものもあります。また、クレジットカードによるキャッシュレス決済が可能なサービスもあります。

他にもオフィス内に自販機を置けるスペースが無い場合は、回収ボックスを使って簡単・気軽に始められるミニコンビニのサービスもあります。

では、主にどのような効果が期待出来るのか見ていきましょう。

 

外に出なくてもご飯が買える

忙しいオフィスワーカーにとって、設置型ミニコンビニはとてもありがたい仕組みです。

外に買いに行くには、お店を往復する時間だけでなく、お昼時で混雑するコンビニのレジに並ぶ必要も出てきます。オフィス内で買い物が済ませられるとなると、打ち合わせ中でもさくっとミニコンビニで買い物を済ませることも可能です。

効率的な働き方が求められる中、貴重な時間と労力を費やすことなくオフィスでご飯が買えるという点は、最も大きな効果と言えるでしょう。

 

コミュニケーションの活性化につながる

オフィス内で食事を摂ることが増えると、社員同士のコミュニケーションも増えてきます。仕事からちょっと離れたお昼時間や休憩中は、貴重なコミュニケーションの場になり、普段仕事上は交流の無い方とも、食事の時間を共にすることが出来るのです。外食や外のコンビニへ買いに行く際に誘いづらい場合でも、オフィス内であれば自然と声を掛けることもできますね。

何よりもミニコンビニを設置することで、新たなコミュニケーションがオフィス内で生まれ人脈が広がることは、仕事の円滑化にも繋がります。

 

ランチよりも安価におさまる

基本的にオフィス設置型ミニコンビニは、店頭価格よりも価格が抑えられています。セルフサービスなのでコンビニのように人件費もかからないため、低価格が実現できる仕組みになっています。

毎日のランチ代は、コンビニであってもトータルすると大きな出費です。日々のコストを少しでも減らすことが出来れば、いわゆる「ちりつも」で結果的に大きな節約にも繋がります。効率の良い働き方に繋がる、大きなメリットと言えるでしょう。

また普段のランチをオフィスのミニコンビニで済ませることで、たまに外で贅沢ランチをするという楽しみも生まれますし、メリハリが出来て良いでしょう。

 

進化したミニコンビニ『OFFICE DE YASAI』

ただ便利で経済的なだけではない、更に進化したミニコンビニのサービス。それが、新鮮な野菜やフルーツをオフィスに届けるミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」です。

効率良く、かつ健康的に働きたいオフィスワーカーにも、従業員を食から支え、生産性を上げたい企業側にもピッタリな福利厚生サービスです。

それでは、ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」はどのようなサービスなのか、具体的にご紹介していきましょう。

 

不足しがちな栄養を補給できる

日本人は、食物繊維やビタミンが足りない傾向にあります。つまり、野菜・果物の摂取量が不足していると言われています。中でも、オフィスワーカーに多い20~30代にその傾向が強いようです。忙しくて朝食を抜いてしまう人も少なくありません。

ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」を活用すれば、朝食を食べ損ねてしまった時にも、デスクでささっと栄養補給が可能です。お弁当の栄養バランスが不安な時にも、簡単に一品加えることが出来ます。また、小腹が空いた時、ついつい手軽なコンビニのスナック菓子に手が伸びがちですね。それを野菜やフルーツ、ヘルシースナックに変えるだけで、小腹も満たされしっかり栄養も摂ることができます。

 

国産食材が中心、「オフィス でごはん」には無添加コースもあり

ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」の取り扱い商品は大きく4つ、「生鮮野菜・フルーツ」「ヘルシースナック」「フルーツドリンク」「サラダごはん」に分けられます。

「生鮮野菜・フルーツ」は、全国各地の厳選されたこだわり農家から産地直送で仕入れ、「オフィスで気軽に食べられる」をコンセプトに手のひらサイズのパックで提供されています。季節ごとに旬の食材を取り入れたものを、オフィスに届けられます。

「ヘルシースナック」は、乳製品、ゆで卵、お豆腐などの加工品も充実しています。全国各地から選りすぐりの品々が発掘され、毎月届けられます。オフィスにいながら、普段行っているスーパーやコンビニではなかなか手に入らない、地域のおいしいヘルシー商品を楽しむことができます。

「フルーツドリンク」は、食べるよりももっと簡単に野菜・果物を摂るためにスムージーやジュースも用意されています。地方特産のヘルシードリンクから、話題のドリンクまで、より手軽に栄養補給ができるため、忙しくて時間が取れない時にもぴったりです。

「サラダごはん」は、1食で満足できるサラダ雑穀や、パスタは野菜やお肉、卵がバランスよくトッピングされています。一皿で炭水化物、タンパク質、ビタミン、食物繊維の栄養素が取れます。またシーズンごとに5種類用意されており、その中から日替わりで届けられるので飽きることがありません。その時の体調や、普段足りないと感じている栄養素を意識して取ったり、またその日の気分によって選べるのも嬉しいですね。季節に合わせて商品が変わるので、旬の食材の美味しさをじっくりと味わい、楽しみながら食べることができます。

ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」のプランは2種類、「オフィスでやさい」と「オフィスでごはん」があります。特徴は以下のとおりです。

「オフィスでやさい」

冷蔵庫を設置し、週に2回〜、新鮮な野菜やフルーツ、ヘルシースナックがオフィスに届きます。産直の野菜やフルーツは保存料を一切使用していません。

・季節に合わせた、豊富なラインナップ
・1個100円のお手軽プライス
・安全で美味しい国産野菜・フルーツが豊富
・仕事をしながら食べられるハンディサイズ

 

「オフィスでごはん」

冷凍庫を設置し、月に1回〜、無添加や国産にこだわったお惣菜が届きます。
オフィスの電子レンジで温めるだけで、簡単に健康的なランチが完成。
主菜、副菜、ごはんなど種類も豊富です。

・月々変わるお惣菜
・商品は無添加や国産食材にこだわり、安全・安心
・冷凍便でオフィスに届くので全国どこでも対応可能
・毎月24,000円から手軽に食環境を充実させられる

 

「オフィスでごはん」には、「基本コース」の他「こだわり無添加コース」もあります。

その特徴は以下のとおりです。

「こだわり無添加コース」

・添加物は不使用
・食材は国産を優先的に使用し、国内製造
・月10種類の商品をオフィスにお届け、毎月半数がリニューアル
・管理栄養士が組み合わせを決める

 

口に入れる物、添加物は出来るだけ避けたいですよね。しかし、忙しい生活の中で自分でそれを管理するのはなかなか難しいものです。無添加に徹底してこだわりたい人にはもってこいの、ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」ならではのコースです。

 

頻繁なリニューアルで飽きない

商品のバリエーションの多さは、飽きることなく続けられる大きな要因になっています。

「オフィスでやさい」では、年間60種類以上の商品がリニューアルされます。

「オフィスでごはん」のメニューには、毎月5〜20メニューがリニューアルされています。

また、季節ごとにその時々の旬の食材を取り入れることで、一年中、オフィスにいながら四季折々の旬の味わいを楽しめます。ミニコンビニサービスを楽しみながら、利用し続けることができるのです。

その結果、サービス利用率98.4%というすばらしい実績を残しています。

ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」を利用して得られるメリットは、オフィスワーカーだけのものではありません。福利厚生サービスとして導入する企業側にも、有り難い効果が期待できます。

 

眠くなりにくく、生産性がアップ

1日の中での血糖値推移が、その日の生産性にも影響を及ぼしていることをご存知でしょうか?

眠くなるから仕事中は食事と摂らない、という方がいますね。しかしそれは安易な考えと言えるでしょう。効率良く仕事をする為に避けたい状態は大きく2つです。

1つ目は低血糖状態。これは、疲労感や集中力の欠如、頭痛・イライラを引き起こすと言われています。2つ目は血糖値スパイクという状態です。欠食が続いた後の急な糖質摂取は血糖値の急上昇・急降下を引き起こし、眠気などを誘う要因と言われています。 

つまり、忙しくて朝食を摂る時間がない、空腹時に食欲に任せて糖質の多い食事を摂ってしまう、その結果として集中力が落ちてしまうのです。

適切な量とタイミングで食事を摂ることを意識すれば血糖値の急上昇が抑えられ、結果的にパフォーマンスを向上させることができるのです。その習慣づけに、ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」が役立ちます。例えば、朝食を食べ損ねた際もミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」を活用して血糖値コントロールができます。

また、足りない栄養を補給することにもミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」は役立ちます。身体のコンディションが整うことで、生産性がアップします。

1日の大半の時間を過ごすオフィスでミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」を活用することで、無理なく栄養を摂取し血糖値コントロールをする習慣づけができ、結果仕事の生産性アップに繋げることができるのです。

 

高い利用率で、人材定着にもつながる

企業にとって福利厚生サービスは、人材確保・定着にとても重要な要素となっています。ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」を福利厚生サービスとして導入することは、人材の確保・定着にも繋がるという大きなメリットもあるのです。

近年、日本の福利厚生サービスは、利用率が30%程度と言われています。大半の従業員には利用されていないということになりますね。せっかく導入しても従業員の利用率が悪い…となると意味がありません。そのような中でミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」は、90%以上という高い利用率を誇るのです。これは、従業員にとって本当に価値のある福利厚生サービスとして受け入れられている結果と言えるでしょう。

本当に魅力的な福利厚生サービスとは、従業員とその家族にとって価値あるサービスであり、従業員の高い利用率と企業の高いサービス継続率が伴います。

食というものは生きていく上で切っても切り離せない重要なものです。そこを企業がサポートすることで、従業員のモチベーションにも繋がります。ミニコンビニサービスをオフィスに導入することは、企業イメージもアップし、優秀な人材を確保する鍵にもなり得ます。

 

まとめ

進化したオフィス設置型ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」についてご紹介してきました。このような福利厚生サービスは、現代に合った社食のカタチと言えるでしょう。オフィスの構え方も働き方も多様化する時代です。社食を設置したいがスペースや費用が無い、オフィスにいる従業員数が少ない、近くにコンビニが無いなどの企業にももってこいのサービスです。

オフィスワーカーの方々は、働きながら健康になれるとしたら、とても幸せな生活を送ることができるでしょう。従業員の健康を「食」を通してサポートし、生産性をアップさせることが出来れば、企業もより良く発展していくことでしょう。

今こそ、健康で明るい職場環境づくりのために、ミニコンビニ「OFFICE DE YASAI」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

健康経営につながる!食の福利厚生
>> OFFICE DE YASAI <<


関連記事

LOAD MORE