社食(社員食堂)

-2019.04.26.Fri

企業向けの”設置型”サラダ・惣菜で、会社に「良い変化」が起きる理由

企業を取り巻く環境は年々変化を続けています。

従業員は企業を支えてくれる大切な存在です。従業員の変化や流行りに合わせることで、企業にとって「良い変化」が起きます。
「良い変化」が起きることで、従業員一人ひとりのモチベーションにつながり、結果として、離職率が低下し企業の業績アップにつながります。

最近では、働く環境を整えると従業員が健康になり、その結果として企業の利益につながるということが分かってきました。

政府も健康経営の推進に力をいれていることから、従業員の健康に投資する企業が増加しています。

サラダやバランスの取れたおかずを取り揃えた健康的な食事の提供、風通しの良い社内にしてストレスを貯めないようにする、などによって従業員のコンディションが整えば、満足度も上がります。
それにより人材の確保もしやすくなるのではないでしょうか。

まずはこの健康経営に着目してみましょう。

 

従業員の健康に投資する会社が増加

2008年に「企業は従業員に対して生命や身体の安全を確保しながら働けるように配慮する義務がある」という労働契約法が施行されました。

最近は長時間労働や心の不調などが課題になっているので、企業として何か対策をしなければなりません。

そこで「健康投資」が注目されています。

「健康経営」という言葉があるように、従業員が健やかでいることは生産性の向上など企業の活性化にも影響します。つまり従業員が健康であると、企業にとってメリットばかりなのです。

 

健康経営という言葉

健康経営とは、従業員の健康増進を企業の課題の1つと考え、経営的な視点で向き合い実践することです。

従業員の健康を増進することで体調を崩すことが減り、結果的に医療費の削減になります。

まず「働く時間は働き、休む時間は休む」とし、休憩時間をしっかり確保すると休憩した分仕事に集中できるので生産性向上へつながります。

そして、福利厚生が整っていると従業員の健康を気遣ってくれる企業として、イメージが向上し、社内の風通しも良くなるので人材の定着にもなります。

 

経済産業省がまとめたアクションプラン2015で健康経営優良企業を認定する制度を作り、優良だと認められた企業には企業規模に応じたインセンティブを付与することを検討しました。

このインセンティブは企業ごとに内容は異なりますが、事業資金融資の金利優遇としていることがほとんどです。

 

参考:アクションプラン2015概要
https://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoujo/jisedai_healthcare/pdf/report_02_02.pdf

 

健康経営企業の様々な施策

従業員へ平等なサービスとして、食事の補助を目的としたサービスを導入する企業が増えています。

企業の福利厚生であったら良いと思うものに食堂、昼食補助が33.9%2位、実際に福利厚生で良かったと思うものに食堂、昼食補助が17.1%1位になりました。

福利厚生の充実は企業にとって欠かせないものということがわかります。

社員食堂は利用時間が限られていたり、スペースが必要で設備投資の費用もかかるので、最近は、オフィスにサラダやフルーツのようにヘルシーな食事を置く「設置型」のサラダ・総菜が増えてきています。

 

参考:マンパワーグループアンケート調査、過去・現在において仕事をしたことがある1860歳の男女972人を対象に、「会社の福利厚生として良いと思うもの」「実際にあった福利厚生でよかったと思うもの」についてのアンケート
https://www.manpowergroup.jp/client/jinji/surveydata/150422_01.html

 

社員の健康が会社の利益につながる

2014年に東京証券取引所が、健康経営に積極的に取り組んでいる上場企業を株式市場で評価する仕組みを作るため、「健康経営銘柄」を選定する取り組みを始めました。

「健康経営銘柄」に選ばれることによって、企業は社会的な評価を受けることができます。

この社会的評価を受けることで就職の決め手となり、新規人材の確保ができるのみならず、取引先の企業への印象も高まります。

企業が従業員の健康サポートをすることで、仕事の集中力が上がり、一人ひとりのやる気も向上するので業績アップにつながります。

また従業員が健康であると、企業としての医療費=経費の負担が減ります。

離職率も低下し、人材の安定も期待できます。

 

ヘルシーな食事をオフィスに常設

オフィスは1日の大半を過ごす場所です。

OFFICE DE YASAI」はサラダや総菜をオフィスに常設し、従業員が好きな時にヘルシーフードを手に取れる環境を作ります。

この環境を作ることで健康増進につながり、従業員同士のコミュニケーションもとることができます。

すぐ手に取れることから誰でも簡単な気持ちで始められ、季節ごとにサラダや惣菜の種類が変化するので飽きずに続けられます。

小腹が空いたときにもヘルシーな食事がすぐそばにあるので、サラダなどをチョイスし不足しがちな栄養素を補うことができます。

新鮮なサラダやフルーツといった安心安全なものを食べられることは従業員にとってメリットが多く、満足度も向上します。

 

OFFICE DE YASAIとは?

「OFFICE DE YASAI」は、美味しいサラダやフルーツを企業に届けてくれるサービスです。

毎日忙しく働く人に向けて、「身体や心も健康に」という思いを込めて「オフィスでやさい」「オフィでごはん」2つのプランを提供しています。

「OFFICE DE YASAI」は冷蔵庫(冷凍庫)の中に、産直の美味しいサラダやフルーツ、惣菜をお届けするので、従業員が好きな時に自分の好きな分だけ食べることができます。

 

「OFFICE DE YASAI」の特徴

・.ハンディサイズにカットされた産直のサラダ、惣菜、季節ごとに変わるフルーツをワンパックにして宅配しています。
そのほかジュースや乳製品、大豆飲料などのヘルシースナックなど野菜サラダのみならず幅広い商品があります。(オフィスでやさい)

・従業員の利用量や利用数に応じて、オフィスに直接届きます。
発注の手間がかからないので手軽に購入可能です。

冷蔵庫(冷凍庫)から従業員が直接購入できます。

・Webですぐに申込ができ、無料で冷蔵庫(冷凍庫と電子レンジ)を貸し出してくれるので申込み翌月からすぐに始められます。

・全国どこにでも届けます。

食品添加物を控えめにし、国内工場で製造を行っている安心安全な商品です。

電子レンジで温めればすぐにその場で食べられ、1人で食べきれる量になっています。(オフィスでごはん)

追加注文がWebから簡単にでき、商品はクール便で25日で届きます。(オフィスでごはん)

オフィスで食べるだけでなく、持ち帰って自宅でも食べることもできます。

 

健康と安心に関する特徴

オフィスに設置された冷蔵庫から、サラダや惣菜など自分の好きなものを選び食べるだけで、健康な食生活につながります。
ハンディサイズなので食べやすく、価格も従業員の購入額は100円からと低価格なので気軽に野菜が食べられます。

使い手と作り手の豊かさを考え、全国から新鮮なサラダやフルーツ、農産加工品を厳選し、オフィスまで届けます。

導入時も導入後も手厚くサポートしてくれます。

・サラダなどの商品の流通管理や衛生管理、安全管理を徹底しています。

アグリテック・フードテック・ヘルステックなど農業、食に関わるIoT化が高まる中、ユニークで先進的な取り組みを行っています。

 

導入の流れ

1.Webから企業名・住所・担当者氏名・連絡先・従業員数を入力します。

2.「OFFICE  DE YASAI」のスタッフによるサービスの概要・発注方法・申し込み法、試食の受付の説明を受けます。

3.所定の申込フォームより申込みをします。

3ヶ月のトライアル(有料)もあり、本契約は1年です。(自動更新)

4.申込みから34週間後にキットが送られてきます。

 

不足しがちな栄養素を補うごはん

日本人に不足しがちな栄養素は、カルシウム、鉄分、食物繊維、ビタミンです。

オフィスでの食事は単品食になりがちですが、「OFFICE DE YASAI」のようにサラダや総菜が常設してあることで、バランスの良い食事が摂れます。

疲れやすかったりだるいと感じたらサラダやフルーツ、パワーが欲しかったらたんぱく質など、自分の体調を気にかけ自分の身体をコントロールしていくことも大切になってきます。

 

社員の満足度も高い

近年福利厚生サービスは、利用率30%程度と言われていますが、「OFFICE DE YASAI」は利用率90%という高い利用率を誇っています。

従業員から支持されているということは、働きやすい環境が整っているということにつながり、人材が安定します。

 

設置型ごはんで会社に「良い変化」が起きる理由

「OFFICE DE YASAI」は過去5年間で累計1,000社以上の導入実績があります。

「OFFICE DE YASAI」を導入する企業においては、忙しいと単品食になったり食事を抜いてしまう人も、オフィスにサラダやバランスのとれた総菜があることで自然と健康を意識するようになります。

お客様の声からは「導入後ヘビーユーザーになった方が見た目にも表れるほどの体質改善に成功していた」「OFFICE DE YASAIが会話のキッカケとなり生産性、創造性の向上につながっている」という良い変化が起きていることがわかります。

短時間でバランスの良い食事やサラダが摂れることは従業員にとっても大切なことです。

なぜ良い変化が起きるのか、ポイントをまとめました。

 

コミュニケーションが増え、風通しがよくなる

休憩スペースに「設置型」サラダ総菜があることで、「新しいサラダが入っていた」や「このサラダが美味しかった」など小さな会話が確実に増えていきます。

コミュニケーションが増えるとなんでも相談しやすい環境になるので、ミスが減り余計なストレスを抱えずに済みます。

企業内でも他部署の社員との交流もはかれ、業務の効率化や生産性の向上につながります。

またランチミーティングもオフィスで出来るので、セキュリティのことを気にせずミーティングができます。

従業員の意思疎通がしっかりとれると、仕事の方向性が揃い、働く意欲が湧きます。

人間関係も良くなり人材の確保につながります。

 

休息時間を十分に活用できる

お昼時になるとコンビニやカフェも混雑し、食事のみで休憩時間が終わってしまうこともあると思います。

また最近は高層オフィスの企業も増えているので、エレベーターが混雑し外出するのも一苦労と感じることもあると思います。

オフィスに「設置型」サラダ惣菜があれば、わざわざ外に出ることもないので休憩をしっかりとることができます。

落ち着いて休憩時間を過ごせると昼食後も仕事にしっかり集中して取り組むことができます。

 

健康志向の食材中心でコンディションが整う

オフィスワーカーは運動量も少なく、仕事が忙しくなると食事のことまで気が回らなくなりがちです。

その結果として体調を崩しやすくなってしまったり、心の健康も保てなくなってしまいます。

「OFFICE DE YASAI」のように常に手に取れる所にサラダやヘルシーフードが置いてあることで、小腹が空いた時に間食としても不足しがちな栄養素を摂ることができます。

バランスの良い食事をすることで病気を予防し、心と身体の調子を整えるとコンディションが良くなります。

そうすることでモチベーションが上がり、仕事への意欲も湧いてきます。

 

企業に様々な変化を起こせる「食」の支援

「OFFICE DE YASAI」は常設型なので、寝坊して家で朝ごはんが食べられなくても会社に行けば食べられますし、仕事で遅くなった時にも持ち帰って夜ごはんに食べることができます。

また食事代が安くなるので従業員も継続して利用するでしょう。

食生活を整えることにより、免疫力や体力が上がり、疲れにくくなります。

脳にもしっかりとエネルギーが届くため、仕事に集中でき作業効率が上がります。

すると少ない時間で同じ成果がだせるので、今までできなかった仕事にチャレンジしてみようという気持ちになり、さらに新しい成果が期待できます。

活躍するフィールドが増えると益々やる気がでるので、相乗効果で企業も成長します。

 

福利厚生の充実は企業のイメージアップにもつながる

企業選びで最も注目するポイントを聞くと、福利厚生制度の充実が14.3%1位となりました。

福利厚生の重要度が増していることがわかります。

企業が社員の健康管理に配慮することでモチベーションアップにつながり、離職率も減少につながります。

ずっと働ける企業はそれだけでイメージがグンと良くなるのではないでしょうか。

 

参考:2019年卒マイナビ大学生広報活動開始前の活動調査
https://www.mynavi.jp/news/2018/03/post_16678.html

 

まとめ

「OFFICE DE YASAI」は企業の規模や環境に合わせたプランを提供してくれるので、従業員が少なくても利用することができます。

冷蔵庫や電子レンジの貸し出しや割りばしやスプーン、フォークも用意され、細やかな所までサービスが行き届いています。

オフィスという場所で気軽に健康を意識することで、ストレスを減らし、長く働くことのできる環境を作ることができますね。

それが定着すると、勤務時間外も健康意識が高まり、生活の質もあがります。

「OFFICE DE YASAI」を従業員と企業が一緒に成長するキッカケとして利用してみてはいかがでしょうか。

 

社員の健康改善につながる新しい社食
>> OFFICE DE YASAI <<


関連記事

LOAD MORE