福利厚生制度

-2019.05.26.Sun

社員利用率・満足度が高い!おすすめの福利厚生サービス

みなさんは就職や転職の際に何を重要視しますか?

仕事内容や給料、勤務地など様々な点が挙げられますが、福利厚生も気にかけてみてはいかがでしょう。

現在の日本は少子高齢化が進み労働力の確保が難しくなっており、2030年には日本の人口の1/3が高齢者になると言われています。

働ける人が少なくなるということは一人あたりの生産性が求められるため過重労働となり、離職率が増加したり企業イメージがダウンしたりする原因になります。

それを防ぐため新しい人材の確保・優秀な人材の育成に力を入れ、他企業と少しでも差を出すために独自の福利厚生サービスを導入している企業が多くあります

福利厚生が充実している企業は従業員の仕事に対するモチベーションも高く、生き生きとしているイメージがあります。

しかし就活をする際は、様々な福利厚生サービスがあるけれど実際にどういったものなのか、重要視すべきはどんな福利厚生なのかわからないという方もいるでしょう。

経営側もどういう福利厚生サービスを導入すればアピールポイントや満足度の向上につながるのかが課題になっていませんか?

ここでは福利厚生の基本からおすすめの福利厚生サービスまでをまとめてご紹介致します。

 

福利厚生の基本

企業の人手不足は近年大きな社会問題となっています。

中小企業は特に人手不足で困っているという問題をニュースで見かけるとともに、どのように人材を確保するかが注目されています。

人手不足を解消するには、「新しい人材の確保と育成」、「現在働いている人材の離職率の低下」といった点を進める必要があります。

多くの企業はそれらを推進する方法の一つとして、様々な福利厚生サービスの導入を考えています。

そして就活する方にとっても、福利厚生サービスの充実は就職を決める際の重要なポイントになります。

このように福利厚生は働く人にとって必要不可欠な世の中となっています。

一昔前は法律で定められることもなく、福利厚生は経営者が労働者の生活の面倒を見るもの、低い賃金の代わりの社会保障として考えられていました。

今では社会の変化とともに福利厚生が制度化され、働く人のライフスタイルや働き方の多様化によって福利厚生の内容も変化しています。

 

福利厚生とは?

福利厚生とは、従業員やその家族の生活の質の向上を支援する目的で実施されるもので、企業が社員に対して給料以外に支給する報酬やサービスのことです。

様々な制度がありますが、福利厚生は以下で紹介する法定福利法定外福利にわけることができます。

法定福利とは企業が法律や政令により支払いを義務付けられている保険料のことで、健康保険や厚生年金、介護保険などの社会保険料、雇用保険や労災保険などの労働保険料、そのほかには児童手当拠出金があります。

これは全ての従業員に平等に支出されるもので、企業が一部または全部を負担しなければならないものです。

法定外福利とは企業が独自に定める福利厚生のことで、例としては通勤手当や住宅手当、社員寮の設置など様々なものがあります。

最近では従業員の健康維持・促進を重要視している企業が多くあり、社内にクリニックやマッサージサービスを提供できる施設を併設している企業もあります。

また、オフィス内でのお弁当の販売や社員食堂の導入もその一つです。

 

福利厚生の提供方法

高齢化社会によって労働力不足が深刻化する中、人材確保のために企業は従業員が必要とする福利厚生を提供せねばなりません。

バブル経済の頃は給料やボーナスアップで従業員の満足度の向上を得ていましたが、その後経済は傾き企業は人件費や管理費などのコストの削減をせざるをえない状況に陥りました。

現在では従業員の満足度をあげるために様々な福利厚生サービスの導入を考えている企業が多くありますが、一昔前のように金銭面で待遇を改善しようとすると社員一人ひとりにかかるコストが大きくなり企業にとっては大変な負担です。

そこで近年アウトソーシングサービスを取り入れる企業が出てきました。

アウトソーシングとはサービスや人員などを社外から調達したり外部委託することを指し、ここでは福利厚生の代行サービスを指しています。

福利厚生のアウトソーシングは、外部の専門業者へ福利厚生の運営を委託するというものです。

自社の福利厚生では従業員の満足が得られなくなってきたという場合や、スケールが大きくコストがかかりすぎてしまうといった問題を改善できます。

そんな中で注目されるのが、パッケージサービスカフェテリアプランと呼ばれる2種類のアウトソーシングサービスです。

それぞれどういったサービスなのでしょう。

参考:
BOWGL(ボーグル)
https://bowgl.com/2017/06/29/welfare-service/

 

パッケージサービス

パッケージサービスとは、定額制で従業員やその家族が企業が提携している様々なサービスを利用できるものです。

サービス内容はフィットネスクラブやホテル・旅館の利用、スポーツ観戦や食事クーポンなど日常的なものからライフサポート、コミュニケーションまで多種多様なものがあります。

会員は定額で簡単に利用できるのでお得感があります。

また委託先のWebサイトから内容を選択して利用ができるので、自社との手続きが発生しないため面倒がありません。

企業としては定額制なので従業員一人あたりのコストを抑えることができ、利用人数が多いほどスケールメリットが増すので、利用者はより充実したサービスを受けることができます。

従業員のニーズが多様化するに従い、福利厚生サービスの多様化も求められているのです。

 

カフェテリアプラン

カフェテリアプランとは、好きな食べ物や飲み物を自分で選択するカフェテリアが名前の由来となっているそうです。

このサービスは企業が従業員一人に対してポイントを配布し、従業員は貰ったポイントで自由にサービスを受けることができるものです。

主な内容としては、住宅手当や育児手当、旅行や宿泊費の補助などです。

基本的には1ポイント1円または100円で設定されており、ポイントが貯まったらWebサイトからサービスを選択できます。

パッケージサービスは、委託された福利厚生サービス会社が予め用意しているサービスの中から選択するものなので、住宅手当や育児手当などは含まれません。

一方カフェテリアプランは委託会社のサービスと自社の住宅手当や育児手当、介護手当などを組み合わせてサービスリストを決めます。

状況に応じて最適なリストを作成するので多様なニーズに応えることができ、管理しやすいポイント制なので他社との差をつける意味でも魅力的な福利厚生サービスと言えます。

 

福利厚生は「利用率」「満足度」が重要

せっかく福利厚生を導入しても従業員の利用率や満足度が低いとなれば、企業は改善しなければなりません。

経営側が考える福利厚生と従業員が必要とする福利厚生に違いが生じると予算や手間がかかるだけでなく、従業員の仕事に対する意欲がなくなり生産性の低下につながります。

ですので福利厚生を充実させ、利用率や満足度を高くすることが企業にとって重要な課題なのです。

 

担当者の悩み

福利厚生の利用率や満足度の向上が得られず、従業員からは不満の声がでたり離職率が上がってしまう企業もあるかと思います。

担当者にとっては問題を解決したくても何が原因なのかわからないなどといった意見もあり、福利厚生を導入したものの企業の負担ばかりで利用率が伴わないという場合もあるのです。

 

使われない福利厚生は負担になる

福利厚生は家族の有無や個人のライフスタイルによって利用率に差がでてしまうので、当てはまらない人にとっては不平等と感じ不満が出てしまいます。

企業はコストや時間をかけて福利厚生を従業員に提供しているにもかかわらず、利用率や満足度の向上につながらないのでは意味がありません。

担当者はそうならないよう常に従業員のニーズを把握するとともに、頻繁に利用率をチェックする必要があります。

 

社員が満足してくれるか不安

管理する側である企業の担当者にとって、従業員が現在の福利厚生で満足しているのか不安という意見があります。

企業の担当者のほとんどは人事部や総務部といった現場とは異なる場所にいるため、現場にいる従業員とのコミュニケーションをとる機会があまりありません。

顔は見たことがあっても話をしたことはないというのはよくある話です。

そうなると担当者にとっては現場の状況が把握できないので、実際に従業員が何を求めているのか、何が問題なのかがわかりにくいということになってしまいます。

 

福利厚生サービスを活用してみては?

福利厚生における従業員の利用率や満足度の向上は、離職率の低下や企業の生産性の向上に直結するということがおわかりいただけたと思います。

より良い福利厚生を提供したいと考える企業や担当者の方におすすめの福利厚生サービスが、パッケージサービスやカフェテリアプランなどのアウトソーシングサービスなのです。

 

おすすめ福利厚生サービス

福利厚生サービスは従業員満足度の向上や人材確保のために欠かせないものだと分かりました。

低コストで管理の手間もかからないのに福利厚生の幅を広げることができるのが福利厚生サービスのアウトソーシングです。

ここではおすすめのアウトソーシングサービスの具体例を紹介していきます。

 

ベネフィット・ステーション:豊富なメニューとプラン

ベネフィット・ステーションとは140万件のサービス数を誇る会員制の割引サービスです。

導入のメリットや効果としては以下のようなものがあります。

・事務の手間がほとんどいらないアウトソーシングサービス
・お一人月380円~導入が可能で低コスト
・100万件以上のサービス数で多様化する消費者ニーズに対応
 ※従業員本人の二等親内親族までサービス利用可能!
・地域間格差のない全国対応のサービス提供

これらの利点は、従業員だけでなくその家族からも満足度が得られ従業員のモチベーションをあげることとなり、採用強化や離職防止につながることです。

またベネフィット・ステーションは消費金額が下がれば手取りが増え、実質賃上げと同じ効果が得られるので使えば使うほどお得になります。

その他にも、有料提供されているビジネススキルや資格取得のための300以上の講座が利用できます。

個人のスキル獲得企業内研修にも活用できるため生産性の向上にもつながります。

参考:
https://bs.benefit-one.co.jp/bs-official/service/index.html

 

イーウェル:企業別に細かくカスタマイズできる

イーウェルではパッケージメニュー「WELBOX」やカフェテリアプランを主とした福利厚生アウトソーシングサービスを提供しています。

福利厚生や従業員の管理、マーケティングに関する悩みなど企業によってその悩みは様々であり、そんな企業別の悩みに合わせて、プランを細かくカスタマイズできる内容になっています。

・企業と従業員の双方のニーズを満たすカフェテリアプラン
・低コストでも充実した幅広いメニュー
・制度認知や情報周知を支援するプラットホームの構築

健康経営、福利厚生、マーケティングなど様々なシーンで課題を抱えている企業をサポートすべく、サービスを幅広く取り揃えています。

参考:
https://www.ewel.co.jp/

 

リロクラブ:導入企業数最多!低コストで構築できる

リロクラブは多彩な福利厚生のアウトソーシングサービスです。

福利厚生のサービスだけでも主に6つに分かれており、一社一社に最適な従業員満足度の向上を支援しています。

・福利厚生倶楽部は低コストで福利厚生制度の構築・導入が可能
・オリジナルのカフェテリアプランで従業員のニーズに柔軟な対応が可能
・ポイント付与型の報奨制度で細かく評価できるポイント型インセンティブ
・従業員同士がポイントを贈り合える、ポイント型サンクスカードで従業員の交流の活性化 とモチベーションの向上
・独自の育児支援サービスで育児と仕事の両立化を可能にし、子育て中の従業員をサポート
・退職後のセカンドライフの充実を応援するメンバーシップサービスのふろむな倶楽部

以上のような幅広いサービスと特徴がある中で、福利厚生倶楽部はコストパフォーマンスも高く導入企業数最多※を誇るサービスです。

※(株)労務研究所発行「旬刊福利厚生」2018.05上旬号掲載データより

参考:
https://www.reloclub.jp/fukuri/fukurikouseiclub/
https://www.reloclub.jp/ 

 

小規模な会社にもマッチするこんな福利厚生も

従来の福利厚生はコストが掛かかるため、中小企業が大手企業のように福利厚生を充実させるのは困難でした。

しかし、福利厚生のアウトソーシングサービスを利用することで中小企業も幅広いサービスを従業員に提供できるようになります。

このサービスの導入は人手不足が深刻化している中小企業にとって人材確保の重要な手段となります。

このようなアウトソーシングサービスで今注目を集めているのがOFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)です。

 

利用率90%越え!食の福利厚生「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」

「OFFICE DE YASAI」とは働く人がオフィスで手軽に野菜や果物が食べられる設置型の社食サービスです。

豊富なラインナップと1個100円からのお手頃価格、仕事をしながらでも食べられるハンディサイズが売りな「オフィスでやさい」と、外食しなくても主菜副菜が揃ったランチが手軽に食べられる「オフィスでごはん」の2種類があります。

①手軽にヘルシーオフィスライフが始められ、健康促進を実現
②国産や無添加など商品へのこだわり
③導入時や導入後も手間がかからない
④衛生・安全管理の徹底
⑤先進性を持ったユニークな取り組み

以上の特徴が多く企業が導入する魅力なのです。

 

社員の健康をサポート

働く人の中には仕事に追われ昼食を食べないという人や、外食続きで偏食気味という人が少なくありません。

特に一人暮らしの場合は食事がおろそかになりがちです。

不健康な状態が続くと集中力が低下し仕事にミスが生じたり、イライラしてストレスが溜り職場環境の悪化につながります。

最終的には仕事の意欲が低下し離職が多くなるなど、生産性に大きく影響します。

またうつなどのメンタルヘルスの問題が生じ、医療費がかさむことも企業にとっては大きな負担となります。

そこで従業員の健康を増進するためのサポートとして「OFFICE DE YASAI」の導入が注目されています。

「OFFICE DE YASAI」は手軽にオフィスで野菜や果物をとることができるので、忙しい人でもコンディションを整え仕事のパフォーマンスを向上させることができます

 

利用率と満足度の高さ

福利厚生が重要視されている現在、「OFFICE DE YASAI」などの社食を福利厚生サービスとして取り入れる企業が多くあります。

様々な福利厚生がある中で、企業としては低コストで従業員の利用率と満足度の高さが見込める福利厚生を導入したいと考えます。

福利厚生の利用率と満足度の向上は、生産性アップに直結するので大変重要です。

そこでおすすめしたい福利厚生サービスが「OFFICE DE YASAI」です。

ベンチャー企業から大手企業まで1,000社以上の導入実績があり、それらの企業では従業員利用率が90%以上となっています。

日本の福利厚生サービスの利用率平均が30%程度であるのと比較してもその差は歴然です。

この先もこのような福利厚生サービスで企業の生産性を高めることを目標に、従業員の満足度の向上を図る企業が増えていくでしょう。

 

まとめ

これまで福利厚生について詳しく紹介してきました。

少子高齢化が進む現在、福利厚生として様々なサービスを従業員に提供することが人材確保につながるカギとなることがおわかりいただけたかと思います。

様々な福利厚生サービスがある中で、導入メリットを企業側と従業員側ですり合わせる必要があります。

あなたの働く職場でも従業員の満足度向上につながる働きやすい環境を福利厚生で提供できるように検討されてはいかがでしょうか。

 

社員の健康改善につながる新しい社食
>> OFFICE DE YASAI <<


関連記事

LOAD MORE